遅れて咲く山野草で、何度目かの花便り

昨日は静岡県で竜巻クラスの突風被害が出たようでビックリ。
大気が非常に不安定で、どの地域で何が起きるか気を休められない状態のようです。

当地でも昨日は予報よりも早くに雨が降りましたが、その後上がり夜になってから再び強い雨音が戻っていましたが、今朝は曇天。昼過ぎから雲色が濃く薄暗くなってきているので夕立が来るのかも・・

GWとは言えリタイアの身には変わりなく、むしろお天気次第の散策の日々。
夕立を警戒して今日は休養日と決め、朝からPCに向かっていましたが、とりあえずこちらも昨日の観察記録の続きを・・

思いがけず川沿いの土手を歩くうちに、山砂削りの現場付近まで足を延ばしましたが、田畑からはすっかり残雪も消え、田起こしを待つばかり。

土手下の川から賑やかな男性の声が聞こえたと思ったら、渓流釣り師の2人組!
大物を釣り上げての喜びの声でした。

杉林からは小さな野鳥の群れが素早く飛び立ち、次の林に飛び込みますが、黄色いマヒワの群れと思われました。

そして雪融けの土手には次々春の山野草が咲きそろい、何度目かの対面に・・


土壌の違いか滅多に見ない白いオトメエンゴサクを2株発見。
帰り道に黄色いツリバナが並ぶキブシを発見!
昨年見つけて以来のキブシとの再会です。


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました