春の新雪再び・・

スポンサーリンク

昨日は予想より晴れたものの、夜には雪に変わり
今朝方には屋根を滑り落ちる雪音で目覚めるほど
思った以上に辺りが雪化粧していました。

7:26
春の新雪
屋根の落雪

朝から晴れ渡っていたものの、10時前にはまた雪が降り
もう少し積るのかも知れませんが、三寒四温のこの季節
もう少し冬服を仕舞い込むわけにはいかないようです。

TVでは日曜日の特番で新型コロナウィルスに関する
疑問に答える番組が幾つもあり、理解が増すことで
少しは安心できた気もしたのですが
今朝のニュースでは、小池都知事が「これから3週間
慎重に対応しないと、オーバーシュートする可能性があり
ロックアウト(都市閉鎖)の可能性がある」と危機感を
示していました。

日曜日の番組で解説されていたのは、今回の感染拡大を
抑える日本の戦術がクラスターと呼ばれる感染拡大者を
追跡し感染者を把握出来る事で、早めの治療や
感染抑止に繋げるというもの。

ルートを把握できる間はオーバーシュート(感染爆発)
を防ぎ、感染拡大予防ができるものの、感染ルートが
把握できない人が出始めると、感染抑止が不可能になり
一気に拡大し、対応できない可能性を示唆していました。

感染者をしっかり医療側が把握し、必要に応じた治療
隔離をする事が必須なのに、長引く自粛でそろそろ
経済的悪化を懸念し、日常生活を取り戻したい気分が
高まり、今まで自粛されていた大型イベントもついに
さいたまアリーナでK1イベントが開催される結果に。

全国から若者が集まった事は、今回のウィルスは
若者は軽症者が多いという油断からではと、改めて
危機感をつのらせる結果となったようです。

今回の対策に見識者の賛否両論がある中、現在の日本の
感染者数は諸外国に比べて緩やかに抑えられているし
それが出来たのも、学校の一斉休校で国民が真剣に
対策協力した結果であり、何もしなければ最悪な結果を
招いた事を、もっと自覚するときなのかもしれません。

見えない所ではその間に、治療薬の選定が進み
検査キットも増加され、医療崩壊対策の案も出て
当初の緩やかな感染拡大の目的が果たされた訳で
今までしてきたことは失敗ではないと思えます。

ダチョウが抗体を作るのに適しているという研究から
抗体を持つ卵を利用し、抗体入りマスクの開発がなされ
今後医療者に利用してもらえる等、数々の開発があり
今後の対策が進む事に希望も見えます。

第1派の感染拡大は緩やかに抑えられたものの
第2派を抑えるのは更に難しいとの事で、今回の
都知事のロックアウト懸念発言に繋がったとの事。
折角今まで感染拡大を抑えてきたのですから
あと一歩、成功に導きたいもの・・

因みに、心配されていた経済保証で西村担当大臣が
TVで解説する中に「非正規雇用で収入が途絶えた場合
市に申請すれば2人家族で月に20万円を追加3カ月まで
貸与する政策があり、これは無利子、無担保の上
その後も環境改善がない場合は、返却義務を追わない」
とのことで、いざと言う時に返却義務はなく実質
補助金として受け取れるらしい・・
もう少し、最初から丁寧に説明していれば
借りる事を躊躇せずに済む対策だったと分かりました。

そして東京オリンピックも、各国からの意見が増し
ようやく延期へ向けての方向転換が見えてきて
少しずつ改善していけると期待しています。


シンプルライフランキング

備忘録・雑記ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村                     

コメント

タイトルとURLをコピーしました