観光自粛解除に向かう中で

スポンサーリンク

何とか午前中は曇天で持ちましたが、昼前から雨に変わっています。
昨日も曇天の中、短時間だけ小雨が降ったので、かえって夕焼けがきれいに広がったけれど、今日は本格的な雨になりそう・・

ニュースでは在住県内限定でのGoToに変わる支援金を計画しているそうですが、先ずは移動による感染拡大を抑制しつつ経済を回す支援をすると理解できます。

ただGWに向かっては観光業の予約が再開したそうで、航空会社も通常運航に近づけGWに関しては増便を計画しているとの事。

ついつい大手企業という事で忘れがちですが、交通機関の痛手も大きなものがあり、そろそろ手を打たなくてはならない事も理解できますし、交通機関の維持は利用者にとっても重要な事。

国際郵便も滞る中、輸出入にも大きく影響が出ている現在、庶民感覚でも交通機関への影響は身に染みて理解出来る事。

半面、必要以上な輸出入による移動が減少したことは、それに伴う燃料排出などのエネルギー削減が出来、地球温暖化には貢献出来たこともあり、時代の変わり目に大きく価値観の変更や行動の変容に貢献した面もあるようです。

今話題になっている「人新世の資本論」を読んで実感したのが「地球環境から見ると資本主義によって破滅に向かっている面があり、一部の既得権者ばかりが儲かり、富の再分配が出来ない仕組みになっている。
更に社会主義においても同様に富が一部の既得権者に集まり、再分配と程遠い現実がある」と私なりに理解しましたが、対策としては「必要最小限の自給自足に足る生活を目指す」事を勧め、経済成長ではなく寧ろ脱成長を求めているのだと思えました。

日本の直近では世界大戦と敗戦が大きく価値観を変えた時代であり、それ以前には開国を迫られた江戸末期から明治維新・・

いま自然災害のサイクルからも大きな危機が迫る中、地球環境というもっと大きな規模で価値観の変化が求められている時代なのだと思いますが、同時に生活維持が出来るのかも気掛かりです・・


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました