お彼岸も終え、春本番へ

昨日は結局少し雪がチラついた程度で雨に戻りましたが、夜になって屋根を滑る雪音がしたものの、積もる事はなく終わったようです。

今朝は曇が多かったのですが、ちょっとの間に雲が流れ青空が広がっていたので、上空は風が強いようです。

風も少し冷たいようですし、あの青空がウソのようにまた雲が広がってきました。

お彼岸のお供えも今日までという事で、娘が置いて行った1.5合用炊飯器でもち米を焚き、自分用甘さ控えめぼた餅を作りお供えしました。
どちらかと言うと濃い味が苦手で、スーパーの和菓子や総菜は苦手で、山暮らしと言う環境もありましたがなんでも手作りが基本。
今もパンやヨーグルトとなんでも手作りし、ぼた餅やお菓子系などは1個ずつにラップで包み冷凍保存し時間をかけて楽しんでいます。

そんな経験から、ぼた餅などは初めからラップの上に餡を広げスプーンですくったご飯を載せラップで包むように覆いかぶせ形成して完成するので、手で触れる事もなく1個包装で完成します。

実は家族用のおにぎりもこの方法、茶碗にラップを広げ、ご飯と具をのせて包み込むようにラップの上から握ります。
一旦広げてごま塩を振って再度包んで無駄なくラップの再利用です。

小豆を煮る時も1度に500gをフライパンで炒り、水ですすぎ柔らかくなるまで水煮をします。
この方法TVで見たのですが、茹でこぼしすると栄養分も流れてしまうので炒めると灰汁だけ抜けてよいそうです。

鍋も蒸気穴のない早煮えタイプで煮る為、あっという間に柔らかくなり、三温糖と塩少々で味付け完成。

この段階では水分が多めなので、小豆スープを掬いとりお汁粉として食べ、小豆を煮詰めてあん作り完成。
ぼた餅にしない時もアンだけラップに1個分ずつ包んでおくと冷凍保存ができ、食べたいときにお餅や食パンにのせて楽しんでいます。調理担当ならではの自分専用保存食の一つです。


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました