カンジキの試し履き

昨日の薄暗い曇天から一転、朝から青空が広がっている今朝は、冷え込んだのか屋根に霜が見られました。

義父から手作りしてもらったカンジキを試着しようと、昨日は夫を誘い裏の雪面を歩いてみましたが、予想通り履き方を忘れていたし、上手に締められず途中で脱げる事3回、夫を誘った甲斐がありました。

プラスチックの簡易かんじきより軽いし幅が狭いので歩き易いので、後は慣れるだけ!

そのまま散歩に行こうと誘われ、先ずは宇津野の佐梨川沿いを覗き、次に芋川・簑和田の橋へ行ってみましたが、タイミングよくカルガモが2羽で泳いでいました。

僅かにしか見えなかったカモもトリミングでカルガモと判明、大きなオスが前を泳ぎながら相方に気配りしてい様子が微笑ましく、ここでも産卵準備が始まっているのを感じられます。

帰路では電線に飛んできたムクドリの小群、そろそろ戻ってきたのか?移動中か?

サルバネ橋から下流を撮影後、先日上流でノスリを見た辺りにズームを向けていると何やら翼を広げた野鳥が河原から枯れ木に飛び上がるのを確認。
撮れなかったのでしばらく捜して角度を変えてみると、小枝に止まる鳥らしきシルエット!
取りあえず撮ったものの小枝でピントが合いにくく場所を変えるといなくなってしまいました。でも不鮮明ながら撮れた画像からヤマセミであると確認できました!

やはり期待通りに自然界は3月を迎え、着実に産卵準備を始めている様子、家の周りでもカラスが小枝を運ぶ姿を頻繁に目視出来ます。

今朝も裏山にやってきたカケスを確認できました。


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました