晴れの日の国道沿いは積雪搬出作業

昨日は結局午後に向かって降雪量が増しましたが
峠は越し、夜間の積雪は少なくてすみました。
雲の切れ間から薄っすら青空も見えてきて
明るさが増し、天候回復へ向かいそうです。

それでは晴天時の残雪情報を載せそびれたので
2月22日の様子から

普段の車道除雪で、吹き飛ばして出来る雪山は
一時雪置き場となりますが、春までに後片付け!

元通りにして返すため、ダンプに積雪を載せ
搬出し川で処分するのが雪国の春の光景・・

宇津野地区だけでも3か所の作業を見てきました。

この作業は町へ出てもあちこちで行われていて
運転も余裕時間が必要ですが、たちまち雪壁が
消えて交差点での出入りがぐっと楽になり
有難い事です。

除雪後に崩れ落ちていて歩きづらかった歩道も
ほぼ消えて、トレッキングシューズでも歩けるまでに

ケンポセンター奥にある水道タンクまで
散策しましたが、温かい割には野鳥も少なく
お昼寝タイムかと疑う気持ちも・・

帰りのサルバネ橋から見えた枝に止まるタカ
距離があるのと光が反射してか白く映り
何なのかは確認できませんでした・・

自宅付近に戻ると薄いながらも上弦の月を確認
夕空も陽が射して、薄い色ながらも日没観察!
日が長くなってきたことも、うれしい2月です。


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました