穏やかな天気でどんど焼き

スポンサーリンク

穏やかな天気が続く中で小正月を迎えられました。

ここ数日薄曇りで、晴れてはいるけど今一つと
思っていたら、昨日のニュースで黄砂が来ている
との事で納得しましたが、杉の木も花粉が茶色く
色づき始め、2月には花粉の季節となるようです。

15日は小正月で、鎮守様の前庭の雪を踏み固めて
松飾を燃し、飾りのするめをあぶって食べると1年
風邪をひかないと言われるどんど焼きの日!

参加者はめっきり減少しましたが、コロナ過でもあり
どんど焼き様に用意したするめを焼いて賞味しました。

どんど焼きに室内時と同じかっぽう着姿で出たら
思ったより風が冷たく、やはり外は上着が必要です。

成人の日が月曜日に移り、連休となったため
小正月は暦的には何もなくなりましたが
細々続くどんど焼きだけが、その名残となっています。

世帯数も減少する過疎地で、いつまで続けられるのだろう
今現在平日に集まれるのはリタイア直後の世代
80代以上になると、雪道外出は激減し年ごとに
参加者が減っていきそうな気配です・・


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました