穏やかな気候に、一息ついて

スポンサーリンク

東京では春の陽気との予報ですが、魚沼も
寒気が過ぎてからは曇天でも冷え込みがなく
周囲の積雪があっという間に萎んでいきます。

今度は山肌の雪崩に注意!となりますが
双眼鏡で見ると里山に小さな雪崩を発見。
休み休み降る雪なので、寒気程には積雪量が
多くないように感じられますが、まだ小正月!

今年は日本海沿岸での降雪が多く
普段積雪の少ない地域での大雪でしたから・・


予想通りに、昨日私が落とした雪は義父が処理済み
積雪は気温が緩んで一回り小さく萎んだ感じですし
双眼鏡で確認すると雪崩も見つかり、運転でも
配慮する場所があるような気がします。

早く訪れた冬将軍に、もう峠は越したような気分で
今後は暖冬に向かうのではと期待してしまいそう。
この大雪ですっかり実を落とした柿木に、野鳥の
姿は見られず、何処へ行ったのか、あの群れは?

コロナ禍二年目を向かえ、まだまだ予想できない
世相ですが、今年はどんな年になるのか?
この冬を乗り切ったら、コロナも改善すると
そんな期待を込めて、いつもより待ち遠しい春です。

 

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました