降り続く雪中のヒヨドリ観察

天気予報通りに昨日の午後から突風が吹き始め
今朝までに柔らかな雪が降り積もっていました。

昨日までの晴天がウソのようですが
嵐の前の青空で、久々に折立又までの散策
野鳥の姿も見られたので、次回にまとめて・・

先ずはこの寒波による今朝の様子から
昨夜県内でも数か所突風による停電があり
停電にならなかっただけでも幸い、降雪も
静かに柔らかな雪が降り積もった感じで
思ったよりも後始末は簡単そうです。

魚沼市の除雪車も入ってきたので道路確保!
玄関上の雪落としは新雪が柔らかくてふわふわの
かき氷のよう、杭を通してその感触が伝わります。
7分ほどで終わっているのは、手前のクシキでは
つっかえる場所をプラスコップに切替え簡単に終了
回を重ねて学習しています。

二重サッシの外窓は凍って開かない為、部屋からは
窓越しの撮影になりますが、柿の木のヒヨドリが
窓近くに桜の木に数羽止まっていたので
近い撮影が出来ました。

様子を見ていると、しばらく餌を啄んだり
休息をとると、体の雪を払うかのように飛び立ち
いつもと違いホバーリング風に翼を羽ばたかせ
雪払いでもしている様に見えるので、カメラを
待機して飛翔姿も窓越し撮影です!

  

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました