田舎暮らしの醍醐味は・・

天候は下降気味に、曇天で薄暗い朝です。

さっそく昨日の続きで筵織機の画像紹介から

何度か筵を頂いていましたが、手織りだと思っていた私
こんな機会がある事も初めて知りましたが、年配の方が
使わなくなった時に引き取り、学び始めたそうです。

現在は稲刈りも機械化し、わら自体残さないと
皆粉々ですから、わら細工用に保存しているのですが
さらにコシヒカリでは丈が短く、わらを継ぎ足さないと
1枚の幅が取れないそうで、今年はわら細工用に
違う品種の米をあえて作ったと聞いています。

という事で画像の藁はコシヒカリより長いのです。

そして基礎スペースの作業場奥には事務室的な
リラックススペースがあり、夫がいつもお茶に
立ち寄る憩いのスペース。

村杉では薪ストーブの恩恵に与り、薪ならではの
温もりを知る夫、自宅はFF式自動給油のストーブと
手軽に暮らせる反面、設定温度を下げられ不満げ・・

私達の体質は大きく違い、冷え性の夫は余程設定温度を
上げないと寒いらしい・・・

以前は家族に合わせていたストーブ設定温度ですが
数年前のメンテナンス時に、温度を中以上にすると
燃焼が強すぎて早く壊れると注意され、温度設定を
止めて、寒い時でも中にしています。

もちろん、それまでは強火にした代わりに
ドアを開け離し、2階や廊下全体を温めて
いたのですが、今はドアを閉め2階には補助の
温風ヒーターを廊下に置いて冬を過ごします。

夫にとってはその室温設定では満足できず
1階の基礎スペース(以前は犬部屋)を寛ぎの間に
(タバコ部屋)温風ヒーターで私など入れない程の
高室温にして過ごしています。

ここまで体感温度が違うと、常に別部屋対応が必須!
私自身はPCに向かったりイスの生活ですので
足首にウォーマーが必須なので、先日新素材の暖かな
ウォーマーを夫にも買って上げたら喜んでいました。

そんな訳で冬は友人宅へ頻繁に通っているようで
今日は薪作りのお手伝いに行きました。

前日の雨で水量が増した佐梨川を見ると、中州に
シラサギの姿、近寄ってみましたが他の野鳥は見えず
それにしても雨後の川は思った以上の増水でした。

 

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ


コメント

タイトルとURLをコピーしました