ドコモ光申し込みへ向けて

スポンサーリンク

雨と晴天を繰り返し寒暖差のあった11月も20日に
ここ3日ほど暖かく、9月並みの暖かさだったのも
今日から天候も崩れ冬に向かうそうです・・

11月に入って「ドコモ光工事費無料」の広告が入り
ネットではポイント還元も合わせてあることを確認。

そう言えばスマホ&タブレット2台持ちも
2年縛りが解ける頃とフリーダイヤルで確認すると
タブレットの解約期が11月末までとの事。

という事で今度はドコモ光にするべきか?
何処でも使えるモバイルが良いか迷って過ごし
何度もドコモへ問い合わせて学んだことを纏めます。

2年間の割引も切れるので、値上がりする為
まずはタブレットを今月で解約することに。
と言うのもタブレットの役割はモバイルwif代わり
テザリングでPCを使う目的でしたが、リタイアで
この役割をドコモ光に変えた方が速度が安定しそう。

何しろ雪国の完全二重サッシで、冬は拡張機を
ドコモから借りて何とか凌ぎましたが、光回線の
方が安定するのではの期待も込めて・・・
更に2年が過ぎる為か、充電の消費も早まり
危機の故障も念頭に、光工事無料期間はチャンス!

2年前ガラケイが壊れ、スマホに買い替える時
タブレットも不具合を発していたので修理依頼
すると今ならタブレットを1万円で下取りしますと
言うので、ついでに2台を買い替えたのです。

自宅エリアの光は始まったばかりでしたし
銀山平は現在も光エリア外なので、モバイルが主流。
そうして訳もわからず、お勧めの契約完了!

現在も良く分からないでいたため、先ずは現在の
契約からの変更する候補を比べてシュミレーション
現在から引き継がれる割引があるため、複雑・・

マイドコモを見ながら何度も電話し、その計算式を
やっと理解することが出来ました。

最後は光とモバイルの比較ですが、ネット利用者は
シニア家族の中で私一人、もし私が利用できなく
なった時は解約するべきかの問題もあり
固定電話をネット電話に変えることはしない事に
(ネット電話の音声では老親には聞こえないし)

そんな迷いでグルグル回っていた迷いでしたが
昨日のあさイチで親の見守りをネットで出来る
とスマホなどを利用できない人でも勝手に繋がる
「モニター付きスマートスピーカー」を知ったのです。

これは元々留守家の様子やペット見守りのため
開発されたそうですが、老親の見守りに改善され
事前にスマホとの設定を済ませれば、機器の電源を
入れておくと、スマホの呼びかけに勝手に反応し
TV電話が使えるというもの。

実は我家でもタブレットのラインをスタンバイさせ
買い物に降りる時夫に、呼び出し音が鳴ったら
この電話マークを押すようにと教え、利用しましたが
チョット使わずにいるだけで、使えなくなる夫・・

せっかく留守に娘からの呼びかけがあっても
出られないのは、タブレットを触る時不慣れで
あちこち触ってしまい、消してしまう事が多いため。

老親も同様でラインでのひ孫対談には私が同席し
画像が移らなくなると直していますが、本当に
チョット触ると画像が移らなくなったり、音声が
聞こえなくなったりって結構あるのです・・・

そんな訳で、難しいと思っていたネット利用も
光回線があれば、モバイルの充電もいらないし
いざとなったら、TV電話を買えばよいだけ

調べるとこの機器はさほど高くないので、もし
私が長期留守にする時に買ってもいいのかなと
私自身の行動も自由になる気がしました。

という事で光キャンペーン中に申し込んでおけば
工事が終了するまではキャンセル料はかからない
と言うので、一昨日光への申し込みを終えていた中
キャンセルせずとも使えるという朗報でした!

今回しつこく検討を重ねたことでドコモの割引
システムも分かることができ、兄妹との家族割りも可能。

コールセンターは相手が変わるので、何度も電話するうち
お互いの言葉がスムーズに理解できる相性もあると実感。

納得するまで何度かけても問題ないと思いますし
営業開始の9時頃電話するとスムーズにつながりました。

質問内容が多岐に渡っても、専門部署に電話を回すので
一度の電話でそれぞれ確認が取れ便利でしたしね。

ネットでの申し込みは、アドレスがまちまちで
プロパイダー直のドコモ光だと還元ポイントが変化
今はドコモ公式サイトが20,000P還元が一番良さそう。

因みにドコモショップでは還元が無いと言われたので
ネットの公式サイトから申し込みましたが、電話予約で
光サービスセンターから希望時間帯に電話が来ます。
その時このキャンペーンを確認することをお勧めします。

キャンペーンに申し込んでから工事費までは半月先まで
猶予があるので、迷う時は日程保留が良いようです。
あくまで工事完了からの契約スタートになりますから

コメント

タイトルとURLをコピーしました