裏巻機渓谷・紅葉巡り

スポンサーリンク

魚沼に嫁いで40年以上ですが、観光地での季節営業を営み
県内ですらほとんど観光する事のなかった身としては
特に観光スポットと無縁の生活、幸い銀山平自体が
自然豊かな観光地であったがゆえに、出かけたいと言う
気も起きなったのですが、今年初めて里の深まりゆく紅葉を
見るにつけ、何処か行ってみたいなの気分になっていました。

そんな時に声をかけてもらい、昨日南魚沼市にある
裏巻機渓谷のトレッキングに参加してきました。

いつもプールで通う途中、この交差点の奥に何がある?
と疑問に思っていた所が、今回向かった五十沢キャンプ場

300円の利用料を払ってゲートを通過し、トレッキング口の
駐車場まで登ると、そこからは八海山が正面に見え
トレッキングルートの脇に聳えるのが巻機山で裾野にあり
裏巻機渓谷の名の由来がよくわかります。

キャンプ場入り口付近にあった東北電力の発電施設に
送る水源がこの裏巻機から流れ込む無数の沢水で
トレッキングコース終点はその水の取水口があるところ。

そそり立つ岩肌の渓谷が見事なトレッキングルートですが
取水口からトンネルを通って発電所プールへ運ばれる
その工事に作られた道らしいと聞きました。

とは言え銀山平同様、昔はこの山に入り山菜を採ったり
炭焼きをしたり生活の糧となっていたようです。

それにしても巨岩が聳え幾つもの滝つぼを真下に見る
渓谷ならではのトレッキンッグコースは最高のロケーション。

銀山平では中之又まで入らないとみられない巨大な渓谷で
秋の紅葉はもちろんですが、夏も涼しそうな滝壺の連続。

秋の営業は11月までとの事、来シーズンは違う季節にも
行ってみたいと思わせる絶景に、楽しい1日を過ごせました。

当然ですが撮影枚数は400枚越え、2度に分けて
幾つかアップしたいと思います。

まずはルーと案内の前編、駐車場から少しぼる展望台へ
滅多にブログで顔見世していないので、ご挨拶を・・

駐車場へ戻り散策ルート開始、直ぐに東北電力の発電用
貯水池へ、ルート終点の取水口からここまではトンネル内
を流れて運ばれてくるそうで、その源となる渓谷には
次々と滝が流れ込み、幾つか沢を渡って進んでいくのですが
真下に見下ろす滝つぼと出会う度に、感動する美しさです。

(画像をクリックするとアップスライドでご覧いただけます)

ルート下の不動滝まで下りて昼食休憩、大岩に座り
川の流れにしばしカメラを向けましたが、北之又川と同様
時間を忘れて眺めていられます。

この後終点の取水口へ向かったので続きは次回に・・

 

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました