クマを避けた散歩道は、その朝の出没地だった

スポンサーリンク

秋晴れも長続きせず、曇り/小雨と肌寒さは進んでいます。

先週木曜にスイムで少し頑張り過ぎて、太ももに痛みが
週末は2日ほど休みを入れて、持ち直しましたが
様子見を兼ねて土曜日には久々の近隣散策・・

クマへの配慮から国道を蓮池に向かい、深入りせずに
河原へ降りて川沿いに戻ってきましたが、後からの
情報ではその国道沿いから河原の間で、その朝
クマが目視されていたそうなので、配慮は無駄?・・

まぁ、何処に出ても不思議ではない農道散策で
朝晩の襲われやすい時間帯を避ければ良いのかも。

という事で、久々に自然との触れ合いをお届けします。

河原ではセグロセキレイ、カワガラス、シラサギなど
夕暮れ近くだったので、食事タイムだったようですが
クマにも気を付ける時間なのかもと、いつもより
慎重に観察をしてきましたが、最後に立ち寄った
佐梨川のカーブでは、前の沢から河原に降りる
ヤマセミの姿もちらっと見ることが出来ました。

この沢は子育ての巣に近いので、やはり餌場だと
確信が持てましたが、残念ながらクマ出没エリア
観察するのは春まで待たなければならなそう・・

翌日の昨日は、少し晴れ間も覗きましたが
ダメージもとれて、スイミングでリフレッシュ!

実は木曜日の深夜、夫が飲酒状態で裏に出て
小さな側溝に躓き転んだとか・・

金曜日には私も家にいたのですが、昼過ぎに
電話を取り次ぐとき、初めて気づいた左目の
パンダマークと顔の腫れ・・

「どうしたの」と聞くと「昨夜転んで、顔から突っ込んだ」
との事、飲むとふらふら外に(多分タバコを吸いに?)
出ることがあり、 過去にも同様の経験あり!

「他は大丈夫なの?」 と確認すると「手も足もぶつけた」
とは言っていたけれど、見た目で貼れているのは顔だけ

腫れが引くのを待つしかないようだったで、禁酒を
言い渡して納得させたのですが、翌金曜日の
夕食時に「右腕が痛くて箸も持てない」とはじまり
シップした腕を三角巾で固定して週明け待ち!

昨日からは痛み止めの薬を飲んで抑えたものの
肘から始まった痛みが手首に下りて来たとの事で
ようやく手元が腫れてきていました。

まぁ、3日後ですので骨折はないと思うものの
一応今日は小出病院の整形外科で診てもらい
異常なしを確認、あとは腫れが引くのを待つだけ。

これで深酒は止めてくれるよう、強く言えるように
病院への送迎係でしたが、いつの間にか大きく
変化していた小出病院!

建て直したと聞いてはいたけれど、基幹病院同様
システムも最新式になり、コンパクトな病院へ様変わり
むしろ駐車場も近くにまとまり、使いやすくなっていた。

診療時間も受付が1時間短縮され、混雑が以前に比べ
少ない感じ、これはコロナ禍の影響かもしれませんが
とりあえず記入だけ済ませ、私は待ち時間に買い物。

小雨でしたが気になっていた洗車も済ませました。

  

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ



コメント

タイトルとURLをコピーしました