美しい満月に学んだこと ♪

スポンサーリンク

昨日は簡単に「十五夜=満月」ではないと書きましたが
2020年は翌日の昨日が満月という事で、再度観察!

7時に覗くと、まだ杉の木陰に明かりが漏れてるだけ
そこで15分ぐらい過ぎてから見ると、丁度よい位置に
満月が輝いていました!

(クリックするとスライドになるので、大きくして見てね!)


昨夜の十五夜もそうでしたが、遅くなるにつれ雲が増し
二時間後には雲の切れ間から覗く月となり、それも
雲の流れが伝わってきて、上空の風を感じる速さ!

ところで昨日も「十五夜と満月の意味」をリンク付け
しましたが、私にとっても復習を兼ねた健忘録まとめ
興味のある方はお付き合いください・・

問題は旧暦(1年=354日)と新暦(1年=365日+潤年)
の暦の違い、全く意識してこなかったけれど
旧暦では1月1日は立春の頃とか、だから1月からが春で
7月~9月は秋になり「中秋」が秋の中日を意味し
旧暦8月15日は「中秋の名月」となったそうです・


お月見の習慣は中国伝来で(中秋節に月餅を食べ月見をする)風習に辿るようですが、月餅も懐かしいお菓子ですね・・


宮中に伝わった風習が、江戸時代に農村の収穫祭と
結びつき庶民に浸透したとかで、当地にも9月10日が
十五夜祭りとして残っていたようです。


旧暦は陰暦(月の満ち欠けが29.5日)なので
新月から満月まで14~16日と幅があり毎月
15日は「ほぼ満月」になるのだそうです。
この「ほぼ満月」のズレがあり、今年の十五夜は
10月1日で満月は2日に当たります。

という事で十五夜は中国伝来の行事が収穫祭に
重なって庶民にも広まったことが分かりましたが
日本独自に風習化した十三夜と言うのもあるそうで
それは「旧暦9月13日」の十三夜に食べごろを迎える
大豆や栗などを備えたことから「豆名月」「栗名月」
と呼ばれ、十五夜と十三夜は対とされたそうです。

因みに今年の十三夜は「10月29日」で、31日の
満月に向かう直前という事になりますね。

月餅を食べる習慣とか、子供の頃の思い出にあるけど
十五夜=満月と漠然と思っていたので、写真を撮り出し
満月は月中とは限らない事に気づいた程
無頓着でしたが、自然観察全般に言える事!

道端の草花も、名前を知らなければ見えない事も
しばしばあり、知ったからこそ見えてくることが
沢山あるのですよね!

銀山平温泉に移転してから、遊歩道の散策を通して
見えるようになった草花、樹木、生き物、野鳥と
数えきれないくらい新たな出会いがあったなと
今更ながら感謝する自然豊かな環境の中で、お客様との
交流を通して視野が広がり、学ぶことに出会えました。

お陰様で、リタイア後の田舎暮らしが充実し
探求する楽しみを見つけることが出来ました。

村杉で始めたブログも廃業から1年が過ぎ
田舎暮らしの中で観察記録や日常のつぶやきなど
綴ってきましたが、これが時に自分の健忘録として
役にたっていることに気づき、中々終えられずにいます。

先日も近所のおばあさんと立ち話をして「都会に住む
娘が、お前さんのあれを見て様子が分かると喜んでいる」
と伝えてくれましたが、あれとはこのブログですね・・

以前にも地元出身の方から同様のコメントを頂いた
事があり、冬季に綴った自宅エリアのブログでも
喜んでくださる方がいることを知り、休むことなく
続ける張り合いになった事を思い出します。

今後はどうなるか分かりませんが、高齢化が進む
過疎地の画像アップは思いがけない方の需要が
ある?ことと、何よりも自分自身でblog内検索で
過去の出来事を確認する事も出来、重宝するのです。

シニア世代の方も無料ブログで日々の記録を書けば
結構役に立つかも知れませんよ・・


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ



コメント

タイトルとURLをコピーしました