はじめって出会ったサンショウクイの小群れ

スポンサーリンク

昨日は久々に夕立も降らず、夜の室温29℃と寝苦しくなる
1歩手前で収まりました(上階の寝室で下階より高め)

窓を少し開けて休むと同じ室温でも、朝はヒンヤリ感じるので
外気はだいぶ気温が下がっているものと思われます。

天気予報では今日の夕方から明日にかけて雨予報、激しい
夕立にならなければ良いのですが、猛暑は避けられそう。
既に風が強いので、窓を狭めて開けています。

それでは昨日の簑和田旧道散策から、野鳥編ですが
なにやセキレイに似た色の野鳥の小群が樹木に飛んできて
ホバーリングしながら虫をキャッチしている様子に気づき
カメラを向けたのですが、中々捉えられずジッとして待つ内に
やっと枝にとまった野鳥をウォッチング!

色合いはハクセキレイに似ているけれど、飛翔の特徴も
鳴き声も違うので、見守るうちにサンショウクイだと気づき
群れているサンショウクイとの初対面です。

この川沿いにある旧道は杉林下で、バードウォッチングに
最適、川との高低差はありますが、色々な野鳥出現の
期待できそうなエリア、やはり自然観察ルートは
身近にたくさんありそう、クマや蜂との遭遇には要注意!
ですが、これから秋に向けて散策してみたいと思います。

ところで昨日の山野草編、一部間違いがあり訂正済み。
ミズヒキの画像にヌスビトハギと書いていました。

他にも昨日は名前を見つけられず載せなかった野草も
ミズカクシと判明、ヤマノイモとオニドコロの違いが
今一つ分かりにくくて葉の幅が狭く花が上向きに咲く
ヤマノイモと検討をつけていましたが、分かり易い
「松江の花図鑑」で花の上向き直立は雄花、下垂は雌花と
ヤマノイモ科全体の特徴だと気づきました。
もちろん花が微妙に違うので、良かったらご確認ください

こちらのページは今までも植物別で利用していましたが
目次から入ると草花・木花・シダ類と区分され、開花月からの
画像検索も出来るので、まったく名前も属科も分からない時に
便利だと思います、もっと早く気づけばよかった・・・



にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました