梅雨明けと共に、熱中所への警戒へ

スポンサーリンク

梅雨が明けても、時々強い日差しになるものの曇が多く
屋内でじっとしていると問題なくても、飲食をして
熱量が上がると、じわっと汗が噴き出てきます。

梅雨時とあまり変わらない気がして、温度計を見ると
午後3時過ぎの曇りの中で、室温31℃湿度26%と気温は
確実に上がっていたことが分かります。

今朝の天気予報で北半球に偏西風の波があり、その高波で
気温が高いそうですが、前の高波があるヨーロッパでは
軒並み40度前後の猛暑なのだそうで、来週その波が日本に
やってくるとか、急な高温に体が慣れていないのでより一層
熱中症への注意が必要との事でした・・・

昨夜は雨に気を遣う事もなく、窓を全開で休みましたが
早朝にヒンヤリした空気に目が覚め、窓を閉めました。

自宅暮らしへの対応が良くわからず、風邪を引かないように
いつも以上に気を付けたいものの、寝付くときはまだ暑い!

昨日は畑仕事の跡、義母の買い物に付き合うという不慣れな
行動でしたが、体はスイミングのおかげで疲れは残りにくく
芋堀りによる背筋の軽い痛みもシップなしでクリアー

だいぶ筋力が付いてきたかなとは思うものの、やり過ぎ厳禁と
今日のスイミングは500mのクロールと平、背泳混合の500m
長めにゆっくり泳いで調整、体力もつき合計1600~1700mに
遊泳距離が伸びてきたのですが、今日は最後にゆっくりと
平泳ぎをしていたら、体の熱量が下がってきた気がしたのです。

それなりに距離があれば、ゆっくりでも息が上がって体は
火照ってきますが、ゆっくりと50m~100m繰り返しでは
火照る事もなく、体温が下がってくるのか?

それともそろそろやめた方が安全だろうかと、泳ぎながら
気になるのは、気づかぬうちに熱中症になるというTVの
注意喚起への過剰反応なのだろうか?

お盆休みを前に、帰省自粛も求められる中
いろいろな自粛や注意喚起で、知らぬ間に神経質に
なっているのかも、夏を迎えても収まらないコロナ感染

先が見えない現状ですが、心配しても変わる物でもなく
今出来ることで楽しもうと思い、野外活動は減少気味
PCに向かい野鳥blogに再挑戦しているところです。



にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました