本格的な豪雨の季節に・・

スポンサーリンク

九州南部での豪雨被害が出てしまい、3年前2017年の
九州北部豪雨に匹敵する水害と伝えられています。

最近は線状降水帯による豪雨で、日本全国のどこで
水害が起きても当たり前になってきてしまい
気が休まりませんが、銀山平でも2011年に初めての
豪雨被害を受けて以来、2017年には魚沼市内で被害

水害後のインフラ整備には数年かかりますが、昔から
繰り返してきたことからも、日本列島の宿命なのか?

豪雨被害での人災は、避難に対する迷いがあり
水害以外にも裏山の土砂崩れに巻き込まれる事が
危険視されますが、わが家も里山に囲まれたエリア
危険地域に指定されてはいるものの、近隣全体が
同じ環境で、避難場所でさえ危険と思える場所!


どこが安全なのか事前にわかるはずもなく
町へ避難すれば川の氾濫にあい、山間部は
土砂崩れの危険と、どちらも危険に変わりがなく
避難することなく待機するだろうと思います。

運を天に任す気持ちにならざるを得ない環境ですが
都心部も同様、線状降水帯がどこに居座るかで
被災地が変わるのですから、避難できなかった人達が
いるのは当たり前の事だろうと思いますし
たぶん行政も安全な避難場所を確定しきれないのが
現状だと思えるのですが・・・

そんなニュースで忘れていましたが、都知事選の日
コロナ対策に追われていた小池都知事の当選が
確定されたとのニュース、当然な結果と思います。

コロナ騒動がなければ、東京オリンピック直前の
都知事選挙だったのですから、今後の政策には
大きな違いとなりますが、頑張ってもらいたい!

昨夜のNHKスペシャル「人体VSウィルス」で
生物とウィルスの関係を分かり易く解説していましたが
この数か月、世界中の科学者が協力して研究し
新型コロナウィルスの事が分かってきたとの事

まだ解決には時間がかかる物の、既存薬の効果が
人によって違うという事の意味が分かり納得しました。

知らないという事で不安になることは多いので
少しでも事情が分かれば対策を考えられるし
知らなかったことが分かる楽しみもあるのですよね

という事で今日も散歩途中で出会った小さなアマガエル
保護色として体の色が変わるという事でしたが
見事に葉の色に合わせている姿が愛らしいのです。

画像をクリックするとそのまま大きな画像にリンクします
お試しください!



にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました