聞きなれない半夏生とは

スポンサーリンク

昨日は暦に半夏生と聞きなれない言葉が書いてあり調べて
みましたが、ドクダミ科植物(ハンゲショウ)の名称。

暦的には夏至から数えて11日目で、大雨の事が多いとか
半夏という植物の葉が半分白くなって化粧をしたようになる頃
ハンゲショウは漢方薬として昔から使われていたそうですが
木の葉が半分白くなることはツル植物のマタタビと同じ?

葉が白くなるのは花の位置を虫に知らせて、受粉を促す為。
実は銀山平の散策ではマタタビの葉を見たことがなく
自宅エリアにたくさん見かける事に驚いたくらいですが
草が白くなっているのは見たことがあるので、もしかしたら
半夏生だったのかも知れません・・・

昨日も雨の合間の散策タイムでしたが、先日注文していた
ウエストポーチが届いたので、さっそくビニール合羽と
スマホを入れて装着、ベルトにカメラを挟むと歩き易い!

我家の庭に植えた貰い物のブルーベリーの苗はしっかり根付き
実も色濃くなってきています。

庭のブルーベリー

今日のコースは曇天なので日差しを気にせず、佐梨川沿い
前に通過するヤマセミを見たあたり。

梅雨時に合わせて草刈り機の音が響く毎日ですので
前回草で近寄りにくかった場所も期待通りに草刈り済み!

佐梨川河川敷
草刈り済み
砂防エリア
カワガラスを確認
僅かに川霧も
13:49
水量も多め
水しぶき
梅雨の佐梨川


しばらく水の流れを楽しみましたが、カワガラスが1羽
通過しただけ、もしかしたら水量が多いのかもと
上流を見ていると、反対側に川辺に降りれそうな
草の切れ間を発見し、ぐるっと回って反対側へ
入ってみようと移動!

予想通りに農道を通って杉林沿いに行くと道があり
杉林の中へ、釣り人の道かと思ったらそうではなく
農業用水路の取り入れ口でした。

きちんと非常口のような鉄板で囲われた場所があり
川に降りなくとも上流を見通すことができます。

クルミの青い実が沢山ついている
14:07
キセキレイ
キセキレイ

様子を伺っているとキセキレイと思える1羽が飛んできて
川石を飛び越えていくのを観察、端へ渡ったころ
別のハクセキレイが飛んできて、こちらは少し大きい。

先のセキレイが移動したコースを辿るので、もしかして
親鳥だったのかなと見ていると、小さなセキレイも気づき
どんどん草むらの方へ逃げていき隠れようとしている様子。

大人のハクセキレイもそのまま追跡は止めたようで
やはりトリミングからもキセキレイとハクセキレイでした。


ハクセキレイ
ハクセキレイ
草影に逃げ込むキセキレイ

思った通り、砂防の上は水の流れも緩やかでセキレイを
確認でき納得、そろそろ雲行きも怪しいので帰ろうかと
杉林に入った時、花粉症の私が大きなクッシャミの連発!

その途端キャラ・キャラッとヤマセミの声が真上から聞こえ
移動する様子、姿は確認できませんでしたが林の中で
休んでいた可能性を感じ、ちょっと嬉しい・・

林から出てくると雨がポツポツ当たり初め、早速雨合羽を
取り出し羽織っての帰宅、家にたどり着くころ
雨も本降りになり、良いタイミングで戻ってきたようです。



にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました