散歩コースその2、川沿いコースへ

スポンサーリンク

だいぶ夏らしくなってきたとはいえ、梅雨空に潤い
夜には窓を閉められる環境です。

高原暮らしから一転、初の里の夏クーラーなしで済むのか
疑問ですが、ギリギリまで設置せず様子見をします。

今のところ朝は涼しく、散歩をするには適していると
思えますがあえて夕暮れに、朝から疲れたくない感じです。

昨日も2時半ごろから久々上流方面の沢へ、以前見つけていた
レンコン畑の様子を見に行きましたが、葉が大きくなっただけ
ネットで調べるとレンコンの花は7月半ばから開花との事
もう一つ気になっていたスイレンと蓮の違いもチェックです

初めて迎える里の夏で、今まで車中から見ただけの日常が
散策で身近なものに、田圃はこの時期「中干し」をしましょう
との看板を見かけていて、チラシも配られ「田植えから
25日を目安に中干をしましょう」との事!

このことも散策でみる田圃で、水を満たした所と無い所
二通りみられることで理解出来ました。

水がない田
レンコンの葉
レンコン畑
シオカラトンボ
繁殖期のシオカラトンボがあちこちに
コクワ(サルナシ)の花
コクワの実へ

林の下を歩くと涼しいけれど、移動中の道路は暑い!
それでもルートは田を突っ切って小平沢方面の佐梨川へ

佐梨川
14:48
サシバが蛇をぶら下げて戻る所?
裏羽からだけど、筋が少ないフタスジチョウかな?
14:50
佐梨川
カワガラス

ここでカワガラスを何とか撮って戻りかけると
何やら一直線に通り過ぎるヤマセミを発見、気づいて
反応できたのは僅か一瞬の後ろ姿だけ

ヤマセミ
ヒヨドリ
土手に広がるクズのツル

また田を突っ切って川沿いに向かいお墓に来た時
ちょろっと動いたのはリス、これも後ろ姿を!

小さな後ろ姿は
リス

杉林からのぞき込めるエリアで渓流観察すると魚影を

15:25
魚影を発見
イワナのようです
佐梨川

帰り道にヤマセミの巣に立ち寄ったものの、出会ったのは
ホオジロとヒヨドリ、そして栗の花に集まるチョウたち

オレンジ色の群れの裏羽が画像で確認でき調べると
模様の少ないクモガタヒョウモンと思われます

栗の花に集う蝶
クモガタヒョウモン
イチモンジタテハ

遅くなったので近道の裏の畑を通ると、飛んできたサシバ

15:57
鳴きながら戻ってきたサシバ
ちょっと一休みして
飛んでいきました

この後畑の成長確認をしましたが、また次回に・・



にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました