(タイトル修正)クマタカとサシバ

晴れ予報に暑くなるかと警戒しましたが、今日は曇天
昨日も晴天ながら風があり、近隣トレッキングに出ても
木陰は涼しく、風が心地よく「さすが5月の陽気」と納得。

いつもの里山も縦走コースが複数あり、今回は
鳴倉山への縦走コースを初体験なので、スマホ写真。
次回にまとめてみようと思いますが、植物に詳しい
お仲間のおかげで、疑問の植物名も確認できました。

3時前には帰宅でき、家の前に来ると上空で猛禽の声!
見上げる裏山上空に子供2羽を連れた猛禽3羽の飛翔姿。
急いでイチデジカメラを持ち出し、撮影出来ました。

じつは画像から猛禽を特定するのに時間がかかり
諦めて、いつも見ていたのサシバでとりあえずアップ

いつもフォローをしていただく上田さんから期待通りに
FBコメントで訂正を頂きましたので修正いたします。

サシバの親子、無事2羽も巣立ちあげたのですね!
と思った大小の猛禽は親子ではなく、小2羽がサシバ
大きいのはクマタカとの事でした。
たぶんサシバが2羽でクマタカを縄張りから追い払うところ。


そして翌朝の杉の天辺に止まる大型猛禽もクマタカで
近くに映っていた鳥はサシバ(私もサシバの子供?と思った
ものの、もう決め手がないので放置してアップしました)


賑やかな鳴き声がカラスとサシバだったことから、取り急ぎ
アップしましたが、近くにカラスもいてサシバ同様おお騒ぎ
威嚇していたので、どちらも近くに巣があったかも知れず
三つ巴の子育ての一コマだったのでしょうね・・


クマタカとサシバ
クマタカ
クマタカ
クマタカ
クマタカとサシバ
クマタカとサシバ
クマタカ

1羽の鋭い鳴き声の元、小さな2羽が近ず離れず旋回して
段々上空へ昇っていきシルエットも小さくなり・・

途中で奥内撮影に切り替えたのですが、もういいかなと
目を離した時、またサシバの鳴き声が響き、低く
別な1羽が通り過ぎていきました。

通過した猛禽

もう幼鳥の巣立ちが始まり、2羽も連れているのは
子育てが上手くいったのかなとうれしい気分でしたが
「親鳥と思ったのがクマタカで、サシバが二羽で威嚇中!」
との訂正を頂きましたので、修正しています。

今朝も外から激しい猛禽の声が聞こえ、窓からのぞくと
ちょうど裏山の杉の天辺に止まる猛禽の姿と
その周りでカァカァと威嚇する2羽のカラスを発見。

猛禽を威嚇する2羽のサシバ
サシバの威嚇と戦う猛禽
サシバに応戦する猛禽
威嚇に応戦するクマタカ
クマタカ

何とかカラスを追い払って飛び立っていきましたが
姿が見えなくなってもしばらく鳴き声が響いていました。

ちょっと外に出て探してみましたが、姿は見えず
近所の奥さんと行き会い話をすると「カラスの巣が
近くにあって親から攻撃されたのでは」の感想。

単純に二羽のカラスにサシバが襲われていると思った
私でしたが、襲う立場だった可能性もあるわけで
立場を変えれば色々・・(人間界にもあるけれど)

この猛禽胸の辺りが白くて、違う可能性も在りますが
鳴き声リサーチからサシバでよいかなと思います・・

(小さい鳥がサシバで大きな鳥はクマタカとコメントいただけ
納得したのですが、騒いでいた声の主はサシバで間違いなく
首元が白くて疑問に思ったのは正しくクマタカだったとの事。
改めてハンドブックで確認し納得しました)

外は曇天のまま時折強風が吹いて、荒れる雰囲気ですが
昨日は風があっても夕陽が眩しく、日没までの光景は
何度もカメラを向けてしまいました…

18:19
里の夕暮れ
夕陽
18:35
日没


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ



コメント

タイトルとURLをコピーしました