トレッキング周遊・トヤの頭~桑原山へ

自宅から徒歩圏内のトレッキングコース周遊の続き
昨日は芋川水道タンク裏から登る駒の頭へ

想像以上のガレバをトラロープ利用で登坂するコース
小出の大力山からの縦走にも繋がる(別称・魚沼アルプス)
駒の頭と呼ばれているらしい頂(看板は薄れて読めない)

ここから残雪の頃に桑原山から来たことのあるトヤの頭へ
急に杉林へ入り、足元の落葉が柔らかくクッションの様で
ガレ場が急に減少し、アップダウンはあっても歩き易く
ユキツバキやタムシバなど花盛りを楽しめます。

トヤの頭を目指して
杉林も終わり
ユキツバキが花盛りです
マンサクも見られ
イワウチワ
ユキツバキ
フカフカの尾根歩きです
トヤノ頭を目指して
トヤの頭  11:40

トヤノ頭からは縦走コースの分岐点、南魚沼市街も見えます。

遠くに見える平らな山は苗場山
浦佐方面
いつもの涸沢山頂へ向かいます
続く尾根道
タムシバ(匂いこぶし)
幾つかのアップダウン
見上げた先にギフチョウの舞

この登りの先は涸沢山頂と見上げると、ひらひら舞う
数匹のギフチョウ・・絶妙のタイミングでしばし撮影!

飛び交うギフチョウ
涸沢山頂  12:12
タムシバ
アカマツだと思うけれど
ブナの若葉
シャクナゲ
シャクナゲ
イワウチワの群生
桑原山頂  12:47
イワナシ
カタクリ
リョウブ
リョウブの新芽
下山  13:21

無事1人トレッキングを終えましたが、歩きながら
考えていたことは、事故を起こさない事!
外出自粛の中で他人との触れ合わない散策はOKと
聞きましたが、前日TVで山小屋自粛の報道。

もちろん山小屋での宿泊、休憩は込み合うのでダメと
理解できましたが、もう一つ遭難者が出たとき
もしコロナにかかっているのを知らずに救助し
罹患する可能性を上げていました。

今は蜜を避けるだけではなく、病院に行かない
対応も求められていて、迷惑をかけない配慮を
真剣に求められていると思いました。

という事で家路につくまで気を緩めず終了!
因みに私の散策スタイルはUVカット対応・・

夏用UVカット帽子


先日夏用のUVカット帽子を購入しました。
口元はメッシュなのでマスク用途はない分
呼吸が楽です。
そして花粉症用UVカット眼鏡(度なし)に
ウインドブレーカーは腰に縛り、この縛り目に
一眼レフカメラを挟んで歩きます。

お腹の前に挟むと歩きの邪魔にならないことを発見。
太った時に肉がつくのはお腹だと気づき試したら
安定して一番邪魔にならずに歩けます!


調べていたらフェイスマスク付きもあるので検討中
いま飛沫予防にも重宝されているようです。


にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました