スポンサーリンク

自然観察の相談先が出来て・・

昨日は気温も下がり曇天から昼過ぎには雨も降り、夕方から持ち直しました。
新たな台風も発生したようですが、10月も間近になり寒暖差が大きいのは夏の疲れが出やすく、体調管理には配慮が必要ですね。

幸い義両親も体調は戻り始めたようでホッと一息!

blog「魚沼の生き物」でクロサンショウウオまでまとめたのですが、今年の銀山平観察会で見た新たな卵魂を改めてサンショウウオの卵で検索していたのですが、見た目のU字型の卵で新たな候補としてヒダサンショウウオというのが目につきました。

アケビ型のクロサンショウウオ以外はよくわからないので、自然観察会でリーダーをして下さる方にメールで問い合わせてみたところ「トウホクサンショウウオでは」と返事を貰いました。

改めてトウホクサンショウウオをチェックすると卵の形は大小アリ、小さい物はU型もあったようで、見つけられなかったようですが、トウホクサンショウウオで検索するとやはり幼体もクロサンショウウオに似ていて、今度は見かけた幼体がどっちだったのだろうとの新たな疑問も生まれますが、小さな画像からは判断が難しいですね。

自然観察会のチョウの部でもヒメシジミとミヤマシジミの判別が画像だけでは難しく、最終的には専門家はDNA検査をするとの事でした。
容姿は個体差がありますし、詳細を知らない立場ではとても判別できませんし、取りあえずなんだろうで纏めた「このエリアにいるよ!」の証拠写真でしかないのですが、少なくとも○○科が確定できるだけでも大きな進歩です!

お陰でTVで生物番組を見ていると○○だ!と見分けられる事が多くなっただけでも身近なものとなり、楽しみが増しています。
出歩けない年齢になっても、知っているという近親間だけで番組が楽しめそうな気がして、今出来る事を続けていく張り合いになります。

何よりも今年入会したNPO 魚沼自然大学の今年の調査対象が銀山平だったこともあり、ジャンルを問わず参加させてもらい幾つもの疑問が解決しましたし、間違いに気づくことも出来ました。

夏からは坐骨神経痛の様な症状で参加が減少しましたが、幸いリーダーの方と交流が出来たおかげで質問する窓口も出来て、タイミングの良い出会いでした。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました