村杉としての営業ご案内とご報告

少雪のはずが4月の気温が上がらず、雪解けは停滞気味で5月二週まで奥只見丸山スキー所が運営となり、その後の新緑もゆっくり進行し、突然訪れた気温上昇に自然界も右往左往なのか、予測が立ちません。

それでも順調にクロサンショウウオの産卵が始まり、樹木の花も開花期を迎える中、一気に初夏の陽気となってきました。

いよいよ自然観察の季節を迎え、日々散策を楽しんではブログにてご案内しています

お陰様で釣り人の他、自然観察を楽しむお客様が増えてきて、銀山平の魅力をご案内出来て来たかなとうれしく思うこの頃ではありましたが、昨年ご案内した「村杉後継者募集」企画が
年が明けて急速に話が進行し、何とか自然を楽しむ宿としての営業をする企業にお譲りできそうな段階まで進みました。

まだ契約が済んでいませんので、詳細は後日になりますが、今年の営業は8月までとし、9月から引き継ぎやリノベーションの予定となり、来シーズンには新規オープンとなる予定です。

詳細をご報告できない状況ではありますが、引き受けてくださる先では貸しボートの予定がないので、利用のお客さまには事情説明と共に来年度の利用宿引継ぎをしてきましたので、噂を聞いたお客様から問い合わせが入るようになりました。

まだ契約前という事でご案内を控えておりましたが、リピータのお客様へのご報告も必要な時期になってきましたので、取り急ぎこちらにてご報告する次第です。

詳細が話せる段階になりましたら、改めてご案内いたしますが、まずは8月末にて村杉を閉館する予定であることをご案内させていただきます。

長い間お付き合いしてくだいました皆様に、心よりお礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です