夏休み、虫対策のご案内

 

猛暑が続いた7月ですが、8月も暑い日が予想されます。

暑すぎて蚊の発生が少ないとの事ですが、銀山平ではまとまった雨が降らないため、メジロアブが例年以上に発生しています。

沢辺に発生するアブですので、宿周辺での発生ではなく、お客様の車に付いてきたアブがほとんどです。

アブは二酸化炭素や熱を好むので、車のエンジンを切らない限り側を離れません!

  • とりあえず車のエンジンを切り、下りたらドアを閉める
  • ガソリンの臭いが消える頃、アブも草むらへ移動するので
  • アブがいなくなってから荷物を下ろしてください。

 

  • お帰り時も同様、辺りにアブがいなくてもエンジンをかけると草むらから一気に集まってきます
  • 荷物を全て載せて、同行の方とのご挨拶、打ち合わせを済ませ、エンジンをかけたら窓を開けずに直ぐに出発!
  • シルバーライン利用の場合は、トンネルに入ると一気に外気が下がるので、車中の暑さも下げることができます。
  • アブはトンネル内まではついてきませんのでご安心を!

お客様の体にまとい付いたアブが屋内についてくることはありますが、一般的にはいませんのでタオルなどで叩き落して処分するのがお勧め。
とても弱い虫ですので、車中に入った時も(軍手があれば)手で軽く握れば簡単に処分できます。

そして夜ならではのご注意がハネアリの発生!

刺される心配は少ないのですが、数が多く蚊取り線香等で簡単に床に落ちて散らかります。

夏の夜は虫たちが明かりを求めて集まってきます。
銀山平は暗いエリアですので、室内の明かりは虫を呼び寄せてしまいます。
網戸があるからと油断するのは禁物!

窓を開けておくなら電気を消すのがお勧めです。

特に布団など敷いてあると白いカバーが虫を集めてしまうので、寝室の電気は消しておいてください。

本館では食事時は部屋の電気を消して暗くし、カーテンを閉めて網戸越しの風を流すか、完全に窓を閉めてエアコン利用となります。
一旦お部屋の気温が下がれば熱帯夜はないので、エアコンを切ってお過ごしいただけます。
お休みになる時は電気を消して、暗いのが苦手な方は廊下の電気を点けて、お部屋を消すことをお勧めします。
窓辺を明るくしないだけで、網戸越しの夜風を入れることも可能です。

またログハウスではエアコンが設置されていませんし、隙間もあるので、寝室は暗くして居間だけの明かりで過ごすのが対策となります。(扇風機対応となります)
お食事タイム等外出時には必ず全ての電気を消しておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です