モリアオガエル産卵間近 ♬

 

梅雨入りしても、天候が崩れるのはもう少し先のようで

早朝濃霧に包まれた後は、青空が広がった銀山平温泉

枝折峠は雲海日和だったのではと惜しい所・・・

 

今日の16時から枝折峠の冬季閉鎖は解除!となります。

ただし銀山平船着場~鷹巣(尾瀬口)は閉鎖継続中!

月末あたりの解除見込みですが、それまでは国道252を

ご利用くださいますよう、ご注意ください!

 

さて魚沼市では週末選挙とあり、期日前選挙へ

屋内にいる限りは涼しい銀山平ですので、久々

車中エアコンで暑さを実感してきましたが

午後の散歩も早めに出たくて、外気温25℃で

何とか大丈夫と2:30に木陰の多い旧道コースへ。

 

でも軒下での25℃は甘くなく、すぐに戻ればいいのに

ついついあちこち立ち寄るので、これはまずいかもと・・

所ジョージさんの熱中症を思い出し「裏道で行き倒ては

助けも呼べないし・・」と早々に引き上げてきました。

 

遅くまで雪が残っていたところでは、まだタムシバや

ユキグニミツバツツジが満開中!

 

タムシバ

タムシバ

ユキグニミツバツツジ

ユキグニミツバツツジ

 

同時に道端に、初物のシオデを発見

 

シオデ

シオデ

木陰にはイワカガミの姿も

木陰にはイワカガミの姿も

イワカガミ蕾

イワカガミ蕾

 

北之又川保護水面は、澄んだ水が勢いよく流れます!

 

14:25

14:25

北之又川保護水面

北之又川保護水面

15:14

15:14

北之又川保護水面 北之又川保護水面

北之又川保護水面

 

こんな暑い時間は見えないかと思った、水たまり池の

モリアオガエルは、今日も水中から顔を覗かせています。

 

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル モリアオガエル

 

何だか背景によって、微妙に体の色合いが違い面白い!

 

それでは昨日のモグラたたき状態に顔を出していた

モリアオガエルたちを・・・

 

実に見事に水中で止まっているのですが、その姿は

ヨガインストラクター?のよう

 

水中の蛙 8匹確認!

水中の蛙 8匹確認!

水中の蛙

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル モリアオガエル

 

次の雨の日当たりが産卵の山場かな?

今年も産卵の様子見られるといいのですが・・・

 

 

 

 

 

山野草の開花も、環境に左右され・・

 

昨日の南風で一気に植物の成長が進んだ様子

庭先のヤマウドを一部収穫し塩漬け保存です

 

ヤマウドの塩漬け

ヤマウドの塩漬け

 

朝の外気温も13℃と例年並みまで上がってきて

曇天ならではと、早めの散策に出られます。

 

モンキチョウ

モンキチョウ

イタヤカエデ

イタヤカエデ

ウリハダカエデ

ウリハダカエデ

ウリハダカエデの花

ウリハダカエデの花

 

新緑の時期に改めて感じるのが、紅葉する葉は若葉の新芽も

赤く色づいているのが多くみられること・・

 

ミツバアケビの花

ミツバアケビの花

017-6-22 (13)

アケビの新芽(木の芽)

アケビの新芽(木の芽)

 

遅れていた木の芽も一気に伸び始め、我家も収穫に励みます

 

ズミの蕾

ズミの蕾

ケナシヤブテマリ

ケナシヤブテマリ

 

ホオの若葉

ホオの若葉

ツボスミレ

ツボスミレ

ツボスミレ

マイヅルソウ

マイヅルソウ

マイヅルソウ

マイヅルソウ

 

雪解けの遅い所では、まだタムシバの花盛りも見られますが

近付くと、モクレン科独特の良い香りに引き寄せられます。

 

タムシバ

タムシバ

タムシバ

タムシバ

タムシバ

 

ここから、昨日撮った山野草も併せてアップしておきます

 

満開のズミ

満開のズミ

ズミ

アオダモ

アオダモ

ホクリクネコノメソウ

ホクリクネコノメソウ

ケナシヤブテマリ

ケナシヤブテマリ

サワフタギ

サワフタギ

サワフタギ

サワフタギ

 

同じ遊歩道内でも、陽当たり次第で微妙な開花差があります。

 

カエル池では鳴き声も増し、産卵間近・・

モグラたたきのように顔を出すモリアオガエルは次回に!

 

 

 

台風並みの強風に・・・

 

今朝の雨は覚悟していたのですが、静かな朝で6時頃から
突然突風が吹き付ける音がし、窓を打ち付ける強風が
心細くなるほど吹き付け、雨音も混ざり思案するほど・・

 

断続的に吹き付ける風だったので、結局起きだして
弱風時に、2階の角部屋だけ雨戸を閉めてきました。
まるで台風並みの突風は、結局午前中強弱を繰り返し
昼過ぎにようやく収まってきました。

 

突風の朝 8:22

突風の朝 8:22

突風の朝

庭のヤマウド

庭のヤマウド

 

所が桟橋を見に行った夫の話では、湖上の風は

こちらほど強くなく、釣り人も船を出しているとの事

高い山に囲まれた当地では、風雨のエリア差があるのですが

その後「強風により奥只見観光船の欠航」案内が来ました。

 

午後に風も収まってきたので、「桟橋付近でさっき

カジカガエルが鳴いていた」という夫の案内で

桟橋へ行ってみましたが、今度は強風がこちらへ移動?

突風の盛りとなっていて、カエルの声もせず・・・

桟橋の様子だけ撮ってきました。

 

湖上のさざ波

湖上のさざ波

銀山平桟橋付近

銀山平桟橋付近

減水の後は、流木が残されて

減水の後は、流木が残されて

村杉桟橋

村杉桟橋

 

減水と強風で流された桟橋への渡し板を、少し下流に見つけ

とりあえず桟橋上に避難させておきましたが

他店のお客様が強風で船をつけられず、当桟橋へ仮係留中。

 

桟橋階段は踊り場より下段

桟橋階段は踊り場より下段

 

後始末後すぐに戻り、私は遊歩道へ向かいます。

こちらは一応風がほぼ収まり、水たまり池の蛙チェック

近付いただけでカエルの合唱が聞こえ、産卵準備中!

 

池の周りの湿地で幾匹もの声が聞こえるのですが

姿を確認できたのは水中にいた1匹だけ・・

 

モリアオガエル

モリアオガエル

 

今日新潟県も梅雨入りしたそうなので、産卵本番ですね。

 

そういえば先日「奥只見の魚を育てる会」の会報が届き

魚沼市自然環境保全条例」の告知案内がありました。

 

2017年2月1日公開で

「灯火による昆虫採集(ライトラップ)を原則禁止」

またギフチョウを保護動植物に指定し、卵を含めた

捕獲、採取の原則禁止となったそうです。

 

今までは夏休みに昆虫採集のお客様もいましたが

ライトラップはできなくなりましたのでご注意ください!

 

朝の外気温10℃から、30℃への寒暖差!

 

梅雨間近に備えて、奥只見ダムの水位は約745m

満水750mですので5m減水、桟橋階段踊り場下になります。

 

今朝も青空の元、6時の外気温は10℃とヒンヤリした空気

でも10時頃には南向きの玄関軒下は30℃まで上がり

ヒンヤリした屋内より外の方が暖かな暑い空気でした。

(まだお客様の食事には補助暖房をつけています。)

 

窓からの中之岳  8:56

窓からの中之岳  8:56

 

これでは散策に出る気温ではないのですが

とりあえず気になる国道コースを軽く歩いてみようと

行ってきましたが、甘かった!

 

強い日差しを浴びて、最初は背中が気持ちよかったけれど

そのうち木陰に逃げ込まないと、熱中症になりそうな暑さ。

 

早々に諦め、旧道コースで戻ってきました。

本当は蝶などの昆虫観察をしたかったけれど

この暑さの中、モンシロチョウとモンキチョウを見ただけ。

 

急激な気温上昇に、自然界もうまく対処できるのか

少々心配しています・・・

 

蛇小沢 14:20

蛇小沢 14:20

夏の陽ざしに

夏の陽ざしに

北之又川保護水面

北之又川保護水面

北之又川

 

タニウツギも次々開花

タニウツギも次々開花

ウワミズザクラ

ウワミズザクラ

ヤシャブシ

ヤシャブシ

ユキザサ

ユキザサ

 

そう言えば昨日夫が、北之又川の流れ込みで

白い穂綿のようなユキムシが大量発生中!との報告。

6月のトローリング時期によく見られるムシでしたが

家の周りでも見かけます。

正確には何という虫なのか気になって先日調べたばかり

北海道、東北では雪の降り初めに大量発生するので

ユキムシと呼ばれるそうですが、アブラムシ科の害虫。

 

トドノネオオワタムシやリンゴワタムシなどがいるそうで

名前の通り穂綿のように飛ぶのですが、冬に向かって

アオダモ等の木の幹で越冬した卵が、春に巣立って飛び出し

トドマツ等の木に移って寄生し増殖するそうで、一般的には

冬に向かって飛び立つときの方が群れて目立つそうですが

その時期銀山平はクローズへ向かい,見ることがなかったようで

6月にアオダモから巣立った姿を見ていたのですね。

 

そのアオダモも今は花盛りです。

 

アオダモの花

アオダモの花

アオダモ

銀の道2合目の木陰で

銀の道2合目の木陰で

ヒメアオキ

ヒメアオキ

北之又川保護水面

北之又川保護水面

 

この暑さの中でも聞こえるのは、春ゼミの声と

水辺のモリアオガエル

 

モリアオガエル

モリアオガエル

水たまり池

水たまり池

 

間もなく産卵期本番ですからね・・・

 

 

ベランダのキセキレイは、元気なヒナを確認 ♬

 

国道352号の開通見通しのお問い合わせが増えた為

急遽ご案内となりましたので、自然観察は1日遅れです。

 

晴天に恵まれ窓を開けた土曜日、ベランダで子育中の

キセキレイが賑やかで、観察の機会をうかがうと

親の餌付け時に、一瞬賑やかな鳴き声が響きますが

親が飛び立つと10分位静かになるので、その間に

ベランダへ椅子を出し、そっと撮影してきました。

 

子育てを邪魔しないように気を使いましたが

子供らも約束通りにじっとして声を出さず大したものです。

 

キセキレイのヒナ

キセキレイのヒナ

 

つぶらな瞳を数えると3羽は確認できますね!

 

さて土曜日は青空に誘われ、午後にも裏の旧道を散策!

西日を浴びて川面や山野草が輝いて、出た甲斐があります。

 

午後の北之又川 16:27

午後の北之又川 16:27

タムシバ

タムシバ

イワカガミ

イワカガミ

イワカガミ

イワカガミ

イワカガミ

 

背景を川にすると色合いも変わり、同じ構図も違った雰囲気に

 

午後の北之又川

午後の北之又川

 

本当は水辺のバードウォッチングをしたかったけれど

午後の雪解け水は朝に比べて薄濁り、勢いも増すので

ヤマセミは朝の方が出会える確率が高いかも・・

 

夕暮れは細かな虫も多く、ネット帽子が必携

キセキレイなどは虫を捕るので姿を見ましたが

まだヒナ連れではないので、さっさと移動してしまいます。

 

モミジの実

モミジの実

断崖のイワカガミ

断崖のイワカガミ

イワカガミの蕾

イワカガミの蕾

イワカガミ

 

ユキグニミツバツツジ

ユキグニミツバツツジ

ウワミズザクラの蕾

ウワミズザクラの蕾

オオカメノキ

オオカメノキ

ミズバショウ

ミズバショウ

ミズバショウ

 

雪解けの遅かった旧道コースは、まだオオカメノキも蕾

 

沢の水溜りはまだ静かですが、間もなくカエルや

トンボの繁殖を迎える場所に変わります。

 

水に映る木立

水に映る木立

水に映る木立