雨上がりは自然観察日和 ♪

 

微妙なところで天気予報が変わっているのですが

概ね昼間は曇り空、今朝も雨後の朝霧が出た感じで

夜空の星や雲海を楽しむには残念ですが、外遊びは可能です。

 

昨日は朝の内に遊歩道を周ってきましたが

野鳥たちも雨の合間に動き回るのか、いつもより賑やか

 

まずは朝からやって来ていたニュウナイスズメのメス家族

 

ニュウナイスズメのメス

ニュウナイスズメのメス

ニュウナイスズメの食事時

ニュウナイスズメの食事時

虫を咥えています

虫を咥えています

 

遊歩道では上空を飛んでいく猛禽の声

 

通り過ぎる猛禽

通り過ぎる猛禽

 

木立の中で賑やかなのはシジュウカラの仲間

幾種類か混ざったいるようです。

 

ピンぼけですが、エナガですね

ピンぼけですが、エナガですね

 

そして茶系のはっきりしない模様の主は?

 

野鳥

 

次の木の先に止まっていた野鳥と同じなのかも・・

ヒタキ科の幼鳥なのかともったけれど??です。

 

幼鳥らしき姿

幼鳥らしき姿

この野鳥は何?

この野鳥は何?

 

一番わかりやすいホオジロも元気に泣いています!

 

ホオジロ

ホオジロ

 

野鳥の鳴き声に疎い私ですので、いろいろ聞こえますが

判別不能、

偶然イチモンジチョウが二匹で向き合っている姿を発見

何だろうと思ってみていると、一羽は飛び立ちましたが

残る一羽が干からびたミミズに向かっています。

よく動物の排せつ物に集る蛾や蝶を見ますが

何か養分があるのでしょうね・・・

 

動画で観察するバックミュージックは野鳥の声です ♪

こちらはお馴染みのモズ! 賑やかです

 

モズ

モズ

 

草やぶの旧道を通ると、ホタルガやヒメアカネの姿も!

 

ホタルガ

ホタルガ

 

キリギリス?

キリギリスの仲間

カタツムリ

カタツムリ

 

アカタテハ

アカタテハ

ヒメアカネ

ヒメアカネ

ヒメアカネ

ヒメアカネ

 

そう言えば一昨日の夜は、一時の晴天に

夜には羽アリの匂いが、慌てて窓を閉めましたが

窓の下には、ヒキガエルが餌を待っている姿も・・・

 

夜のヒキガエル

夜のヒキガエル

夜のヒキガエル

 

フラッシュにカエルが反応し、一歩前進され

ヒヤッとしましたが、おとなしいです。

 

お盆前後はアブの発生時でもあり、車に集まってきます。

二酸化炭素と熱に反応するようですが、エンジンをかけたまま

ドアを開けたり窓を開けたりしないよう、十分ご注意を!

 

ただアブ自体は非常に弱いので、軍手で握ったり

タオルで叩き落したりで、潰れることなく死にます。

住家も水辺の草むらですので、駐車場にいるというより

お客様の移動車に付いて来ていますので、車を止めたら

エンジンを切ってしばらく待つと、アブは草むらへ移動します。

 

と言う事で、出発に周りにアブがいなくても、エンジンをかけると

草むらからアブが出てきますので、窓とドアを閉めてから

エンジンをかけてください!

そしてエンジンをかけたら、窓やドアを開けない事!

 

下車時にどうしても車中に入ってしまうアブがいますが

暫くドアを開けておくと、草むらへ移動しますし

少しぐらい残ったアブは、窓辺に追い詰めて

タオル越しに掴んで外へポイ!

汚すほどに潰さなくとも、もう飛べなくなっているはずです・・

 

 

台風後の爽やかな朝と涼をお届します

 

ようやく台風後の爽やかな青空が広がりました。

通行止め規制がかかっていたシルバーラインは昨日夕方に解除

国道352は今朝8時に解除となり通常に戻っています。

 

昨日は雨にもかかわらず、朝の外気温21℃

今朝は16℃と朝だけ比べれば、涼しいですね。

 

雨後とは言え、軽い朝靄程度で寒暖差が少ない為か

濃霧は見られません。

 

 

台風後の爽やかな青空

台風後の爽やかな青空

6:11

6:11

銀山平温泉の朝

銀山平温泉の朝

銀山平温泉の朝 銀山平温泉の朝

 

2日も散歩を休んだので、歩きたいところですが

まずは朝の爽やかさにつられて、北之又川チェックから

 

雨後の北之又川 6:25

雨後の北之又川 6:25

 

昨日のくすんだモスグリーンが消えましたが、濃いグリーンに

まだ水の勢いも強く、澄みきるにはもう少しかかりそう。

 

夏の北之又川保護水面

夏の北之又川保護水面

 

夏の北之又川保護水面

夏の北之又川保護水面

夏の北之又川

 

夏の北之又川

夏の北之又川

夏の北之又川

夏の北之又川

 

と言う事で、北之又川の涼しげな音もお伝えします。

魚沼駒ケ岳

魚沼駒ケ岳

魚沼駒ケ岳

荒沢岳

荒沢岳

中之岳

中之岳

8:48

8:48

 

 

 

連続雨量の規定値越えで、一時交通規制に

 

またも初体験と言うような、スロー台風に日本を縦断され

各所でその爪痕を残していったようですが・・・

 

銀山平では昨夜からの雨で、連続雨量が規定値を超え

「枝折峠~鷹巣間の国道352、及びシルバーライン」が

事前規制に入り、通行止めとの案内が来ました。

 

これは一時的な配慮と見られますので、雨が落ち着き

見回りで問題がなければ、解除されるものと思われます。

 

関東地方ではフェーン現象で、人の体温を超える気温と

TVで熱中症対策を呼び掛けていましたが、雨が続く

魚沼では、涼しい夏が続いています。

 

越後駒ケ岳登山を計画し、2泊されていたお客様も

昨日は登山を諦めても、帰路方面が台風最中で移動が出来ず

ログハウスで1日を過ごされた結果、朝食後に早々帰宅。

でも早い決断で、シルバーラインの通行規制前で何より。

 

天気予報を見つつ、昨日はまだ大丈夫と予定を早め

振り込みや買い物を終えてきたのが正解で、大して降られず

車中も暑くならず、何より今日はゆっくり過ごせています。

 

朝には雨も弱まったのですが、まだ断続的に続き

小雨時に裏の北之又川の様子伺いをしましたが

前回の雨のようなゴタ濁りにはならず、濃い笹濁り位。

 

北之又川保護水面 9:33

北之又川保護水面 9:33

雨後の北之又川保護水面

雨後の北之又川保護水面

 

今回も動画撮りの練習を兼ね、手振れ防止を心掛けましたが

中々難しく、アップで撮りたい画面を分けて撮り

ユーチューブの「動画エディタ編集」で2つを統合し

中央で少しカットするという編集を試してみました。

手振れは解決しませんが、少しづつ動画編集を理解するべく

ユーチューブ検索で勉強中です!

 

 

小雨になると窓外でも野鳥が動き出し

先ほど賑やかな声に覗いてみるとセグロセキレイが

見慣れない幼鳥と対峙して大騒ぎ中!

 

カメラを向けたのですが、気づかれて撮れず

飛んで行った先を見ると、至近距離に下りて対峙

 

ズームで撮ったのでブレていますが、

セグロセキレイの親子ではないかと確かめた所

やはりセグロセキレイの幼鳥ですので、母親から

巣立ちを迫られて鳴いていたところだったのかも・・

 

こんな雨の中で巣立ちは厳しそうで、その後ズームで見ると

幼鳥が雨に濡れてログの屋根に留まっていました・・

 

セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイの幼鳥

セグロセキレイの幼鳥

 

何だか厳しさを感じますが、これが自然界の巣立ちなのですね。

 

 

台風前の青空に集まった野鳥の群れは・・

 

日々台風ニュースが流れますが、ゆっくり過ぎる移動に

今までと違った気象環境を実感しますね。

そろそろ我が家でも船の非難や、周囲片付け作業開始です。

 

台風前の青空には白い雲が浮かんで、目を引きますが

普段と違ってダイナミックな空模様です。

 

台風前の朝 6:39 23℃

台風前の朝 6:39 23℃

台風前の朝

台風前の朝

8:40

8:40

 

さすがにフェーン現象で暑くなりそうな気配に

早々にショート散策がてらアンニンゴの収穫。

 

本当は赤くなって採りたいのですが、どんどん実が消え

野鳥や動物の餌となるのか?風雨で落下するのか?

昨年も採り損ねたので、今年は赤くなる前に少しだけ

ブランデー漬けにしてみようと思い、台風前に採りました。

 

それにしても、アンニンゴの実(ウワミズザクラ)は

赤くなるまでたくさん残っている年もあるので

原因は何なのか?

他の木の実の不良なのでしょうか・・・

 

今朝は庭の芝生エリアに、スズメに似た野鳥が一斉にきて

ズームで撮りながら見ていると、ぴょんと跳ねる虫を捕獲。

 

台風前の気圧変化に、虫がいつも以上に発生しているのか?

里の雀のように集団で広がって食事会です!

 

眉班の特徴からムシクイの仲間だと思うのですが

ネットの画像検索でも、間違いなくこれと言う

決め手がなく、センダイムシクイかなと思ったのですが・・

 

仕事を終えてふと思い出したのが、

以前にも同じ間違いをしていたこと!・・

 

と言う事でブログ内検索をかけてみたら、

ありました! 「ニュウナイスズメのメス」・・

 

春のペアで来る時は、その条件から簡単にメスだと

分かるのですが、これほどメスだけの群れは初めてです。

くちばしが黄色っぽいのもいる所から、幼鳥も多いようで

今年の子供たちが一緒に群れているのでしょうね。

 

それにしても繁殖期のニュウナイスズメしか知らず

調べてみると繁殖期以外は群れで生活しているらしいですし

なぜオスが混ざっていないのか?不思議に思ったので

「ニュウナイスズメの群れ 母系?」と検索したら

ありました!

「オスは単独行動で、メスは母系社会を作り行動する」と

いつも子供が巣立つといつの間にか姿を見せなくなる

ニュウナイスズメですので、どこにいるのか疑問でしたが

こうして群れで森林内で暮らしていたのですね。

 

庭の野鳥 ニュウナイスズメ♀

庭の野鳥 ニュウナイスズメ♀

ニュウナイスズメ♀

ニュウナイスズメ♀

ニュウナイスズメ♀ ニュウナイスズメ♀ ニュウナイスズメ♀

ニュウナイスズメ♀

ニュウナイスズメ♀
ニュウナイスズメ♀

ニュウナイスズメ♀群れ

ニュウナイスズメ♀群れ

ニュウナイスズメ♀の群れ

 

遊歩道でもやはり見かけました。

 

遊歩道の野鳥

遊歩道の野鳥

 

 

 

北之又川の魚影ウォッチング ♬

 

台風5号が気になる所ですが、朝霧も広がり

屋内は快適に過ごせています。

 

これは村杉本館が、北之又川の川風が入る恵まれた立地条件のお陰

ついつい外の暑さを忘れてしまいます。

 

ここ2日散策に出そびれていたので、昼前に裏の旧道を

道草を鎌で払いながら、歩いてきたのですが

いつものように、木陰に舞う蝶の姿にも癒されます。

 

6:49

6:49

窓からの中之岳

窓からの中之岳

窓からの中之岳

 

イチモンジチョウ

イチモンジチョウ

イチモンジチョウ

ヒメシジミ

ヒメシジミ

 

ここ数日夕立もなく、夏らしい流れとなった北之又川は

澄み切った川底に魚影が見えることに感動!

そう言えば、今朝中荒沢で渓流釣りをしたお客様

食べごろサイズの魚がたくさんいましたと、喜んでいました。

 

続いた夕立で、川の魚影も増していたのかも知れませんね。

 

北之又川の魚影

北之又川の魚影

 

魚影

 

魚影

魚影

魚影

魚影

魚影

魚影

魚影

魚影

魚影

 

雲が流れていたので、強い日差しが射すと

川石がキラキラ光り輝きますが、魚影も見えにくく

太陽が雲に隠れた瞬間、はっきり姿が見えます。

 

ヤマセミなども光の反射が少ない朝晩が食事向きな訳ですね。

 

澄んだ北之又川保護水面

澄んだ北之又川保護水面

澄んだ北之又川保護水面

こちらでは魚影は見えませんでした

こちらでは魚影は見えませんでした