日別アーカイブ: 2017年08月03日

天候回復に、野鳥の声も・・

梅雨明け後も曇天気味ですが、外の気熱は暑く感じます。

 

昨日は枝折峠の雲海スポットをご紹介しましたが

その雲海が発生する条件は?と言う事で調べてみました。

発生原理は、

1、放射冷却などで地面が冷える

2、地表の水蒸気が冷える

3、無風で冷えた空気が溜まる

4、空気中の水分が飽和状態を通り越して霧が出来る

と言う事で、この条件に合うのは主に春や秋の早朝。

とは言っても、夏場でもまとまった雨の後

大地が冷えて夜から快晴になり、気温差が生まれると

早朝の雲海が見られる事はありますけれど・・・

 

昨夜は雲の切れ間に、月の明るい光と星空が見られました。

 

月夜 19:46

月夜 19:46

月夜

 

三脚ナシの横着撮りですが、まだ半月です。

 

月夜

 

曇天のおかげで、午後遅くならないうちに散策に出られ

時間に余裕を持てたので、野鳥の声が響くエリアで佇んだり

水溜りを覗いたりと、観察を楽しめました。

 

草刈りを終えたばかりの柴には、セキレイたちが寄ってきます。

 

ハクセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ

 

シジュウカラ

シジュウカラ

 

良く見かけるけれど、いつもシルエットで

特徴が掴みにくいのですが、サメビタキ辺りでしょうか?

 

ヒタキ科

ヒタキ科

 

そしていつもは声だけで中々姿を見せないウグイスも!

 

ウグイス

ウグイス

ウグイス

ウグイス

 

水たまり池ではアカハライモリ

 

イモリの息継ぎ

イモリの息継ぎ

アカハライモリ

アカハライモリ

 

雨が多かったせいか脇道に流れる側溝のような小沢も

まだたっぷり水が流れていて、カエルが跳ねる音に見ると

クロサンショウウオの幼生を2匹発見!

 

クロサンショウウオの幼生

クロサンショウウオの幼生

クロサンショウウオの幼生

 

水に沈んでいたこの幼虫は何でしょうか?

 

何の幼虫?

 

実は午後のPC作業を開始しようとすると

ドコモのアンテナ県外!

又何かあったのかと、携帯を立ち上げ外で確認すると

アンテナ数は少ないものの、繋がりました。

 

と言う事で今は2階の窓辺にタブレットを置いての作業。

それでもいつもよりアンテナ数が少なく遅いので

今日は簡単に更新します。