カテゴリー アーカイブ: 村杉

田舎暮らしの醍醐味は、レンタルの薪割機!

 

今度は東北地方を豪雨が通過中との事で

新潟県も雨に注意が必要との事、今のところ小雨が

上がった所ですが、外気温18℃~23℃で収まっています。

 

さすがにこの時期、天気予報を見てお客様も動くので

人の動きも少なく、荒沢岳の駐車場も数台だけ

登山の危機管理は、とても大切な事ですね。

 

夫達は切り集めた倒木を、短くカットしておいたので

昨日レンタルの薪割り機を森林組合から借りてきて

一気に薪割り作業。

どんなものかと撮影してきていました。

 

巻き割機 8:24

巻き割機 8:24

薪割機

割れた弾みに飛び出す事もあり、要注意!

割れた弾みに飛び出す事もあり、要注意!

太く固い木も簡単に割れます

太く固い木も簡単に割れます

 

薪割り作業

薪割り作業

薪作り

 

とりあえず動画でも撮ってみましたので・・

 

雨の前に終わり、保管場所へ収納。

後は夏の陽ざしで乾かすだけですが、早く使えるようにと

かなり細かく割っていましたが、こんなに簡単に

カットできるなんて、レンタルがあることを知ったのも

仲間ができたおかげ!

 

一人ではできない作業もスムーズで

同級生との共同作業は楽しそうでした ♫

 

 

夏日ですが、外仕事再開!

 

今日も朝から晴天、外気温は20~32℃まで上がっています。

 

とはいえ、昨日の蒸し暑さはなく、高原らしい風が吹き

屋内では快適ですし、外仕事も進められ

夫は友人と薪用の倒木集め、私もログハウスのサンダル洗い

夏に向けて、こたつを片づけ扇風機の出番です。

 

午前中は野鳥の動きもあり、アカゲラやキジバトペアも出現!

 

アカゲラ

アカゲラ

キジバトペア

キジバトペア

キジバトペア

 

 

そして午後2時頃に電話があり

「材木下ししてるから撮りに来れば」と呼ばれて

行ってきました(なぜか?撮られるの大好きです)

 

薪つくり

薪つくり

薪作り 薪作り 薪作り

 

そうそう!今回は私が想像していたような大木集め

これならストーブの中で火持ちが良く、ベストですよね!

ストーブを使い始めた数年は、こんな木を燃やしていました。

 

確かにここまで重いと、短く切らないと運びきれないですが

ロープで引いてきたらしい1本物は、船出し用の台車で運んでいました。

 

薪作り 薪作り

 

017-7-11 (15)

薪作り

薪作り

薪作り

 

 

倒木の中で、腐っていないものを選んだそうですが

これだけ重いと、連れがいなくては確かに無理ですね・・

 

更に重い木は今回積めなかったそうで、次回に回し

後のカット作業もあるので、今シーズンはここまでとか・・

 

今回は薪に適したブナやミズナラの他、太いものは

イタヤカエデだそうですが、倒木の為か中心は色変わりしてます。

 

イタヤカエデ

イタヤカエデ

年輪

 

遅れていたウスバアゲハもやっと姿を現していました。

 

ウスバアゲハ

ウスバアゲハ

 

 

久しぶりの、雲海日和と思われる朝霧に ♪

 

梅雨の晴れ間とは思えないほど、各地で猛暑とか・・

まだ熱帯夜ではないのでしょうね?

もちろん、銀山平は夕暮れには窓を閉めています。

 

雨後の寒暖差に、今朝は久々の濃霧の朝を迎え雲海日和!

雲海を見に行かないまでも、朝靄の高原は気持ち良いです♪

 

朝靄の朝日 6:01

朝靄の朝日 6:01

朝靄の銀山平温泉

朝靄の銀山平温泉

朝靄の銀山平温泉

朝靄の銀山平温泉

朝靄の銀山平温泉

 

6:28

6:28

銀山平温泉の朝

 

朝の外気温は16℃、午後には32℃になり外は暑いけれど

高原ならでは川風があり、屋内は過ごし易いです。

 

窓からの中之岳 10;32

窓からの中之岳 10;32

 

そうは言っても暑いとばかり言ってられず、雨の合間に

夫は薪集め第二弾、前回は練習だったとかで

今回は新物の流木もあったので、前の倍集めてこられたとか。

 

おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に・・

 

と言う事で、留守番の私は玄関にあるサンダル洗濯!

ネットで調べたらゴム素材系は、木陰で干す事とあり

ぬるま湯に重曹を入れ、浸したサンダルを池で濯いで

小陰干しにしました。

ついでに靴箱にもマットを敷いて、錆隠し・・

 

滑らないキッチンマット

滑らないキッチンマット

サンダルは木陰干し

サンダルは木陰干し

 

明日も夫は薪集めに行く予定だそうで、私も・・

ログハウスのサンダルを洗う予定です!

 

 

梅雨の閑散期は、外作業に励みます

 

TVでは、次々被災地が変化しつつ大雨のニュースで

線状降水帯などと言う、耳慣れない言葉が現れました。

 

自然災害の多い日本でも「今までに体験したことのない」

と言われるレベルアップされた災害に驚きますが、多分

リアルタイムで報道できる時代ならではの事、昔から

自然災害は繰り返され、その時なりに「初めての体験」

だったのですよね。

 

まだこれから梅雨本番、そして台風の季節を迎えますが

早めの対応で被害を少しでも少なくする努力が必要!

と思いつつも山間部の事、どこが安全なのか?と悩みます。

 

さて梅雨空の暇な季節を迎え、今年も外仕事を計画中!

夫は友人を誘って船で倒木拾いに出かけ、薪作りに挑戦。

 

今日は曇天(霧雨あり)で暑くないのが幸いとは言え

初日で作業が不慣れなため、軽トラ半分程で作業終了です。

 

倒木拾い

倒木拾い

薪集め

薪集め

薪つくり 薪つくり

 

私は昨年、本館の木製雨戸をペンキ塗りしたので

今年はログハウス1棟の玄関塗料が剥げているのを塗装予定。

 

この1棟だけが陽ざしや風雨をまともに受ける向きなのか

塗装が剥がれ落ちペラペラ皮がむけるように剝がれてきて

その下木はシミになってきていたので、腐らないうちに

塗装が必要と、とりあえずヘラで塗料を擦ると

面白いようにペラペラ剥がれ落ちました。

 

塗装に向けてペイント剝がし

塗装に向けてペイント剝がし

 

夫も薪材運びを早く終えたので、剥がし終えたドアに

仕上げのヤスリがけをしてもらいました。

 

ドアの塗装準備

ドアの塗装準備

 

天気予報では明日は晴れそうなので、塗装が出来そうです。

 

今日の天気は曇りだったのですが、朝まで雨が残り

その後も霧があり、曇りと霧雨の境目位・・

越後駒ケ岳へ行かれたご夫妻は、視界が悪かったのではと

気がかりですが、猛暑と比べるとどっちがいいのか?ですね

 

ちょっと長引いた雨に、咲いたばかりのホオの花を見ると

やはり雨で白い艶やかな花びらにシミが見られます・・

 

雨に当たったホオの花

雨に当たったホオの花

ホオの花

 

木蔭のウラジロヨウラクも、急速に花を咲かせていますが

陽ざしが弱く、色が薄いですね・・・

 

木蔭のウラジロヨウラク

木蔭のウラジロヨウラク

 

14:38 霧で山は見えません

14:38 霧で山は見えません

 

 

 

 

ゆっくりと季節は進んでいますが・・

 

天気予報は雨から曇りに変わっていましたが

やはり曇り/雨に戻っています・・・

雨になると、やはり肌寒くストーブが必要ですね。

 

梅雨に向けて奥只見ダムの水位は少し下がり気味ですが

家周りの残雪もほとんど融けて、残り僅かとなりました。

 

残雪も残りわずか 13:55

残雪も残りわずか 13:55

わずかな残雪

残雪もわずかに

残雪もわずかに

若葉も茂り

若葉も茂り

北之又川は遠目にも澄んでいます

北之又川は遠目にも澄んでいます

 

昨日の釣果は個人差が大きかったのですが、50cmのイワナも

 

またフライキャスティングでは、白光岩橋の下で

50cm位のニジマスも釣り上げられたのですが

体が赤い婚姻色で鼻曲がりの立派なオス!

 

こんな色見たことないと驚いたのですが、夫の話では

養殖魚が放流されいるニジマスは卵を産まないので、

生態系を壊すことなく放流が出来るとの事。

それでも銀山湖で生き延びて成長するうちに自然界に対応した?

との予測ですが、昔はニジマス産卵期は

5~6月前後だったとか・・

(注、これは夫の危うい記憶です!)

サケマス科は秋が産卵期と単純に思っていたので

意外な展開に、検索をかけ確認すると

「PDF」の資料に輸入当初、北日本では4~6月と書かれて

いましたが、養殖魚は秋~冬にかけて産卵されるとの事でした。