カテゴリー アーカイブ: 昭和思い出語り

素敵な本との出会い

 

最近は老眼が進んで、スローペースでしか読書をしなくなり

積極的に本を買うことから遠ざかっています。

 

冬の間は主に図書館を利用して、文字の大きい単行本を借り

興味のある作家さんや、お勧めの新刊などを楽しみましたが

営業期間は図書館に立ち寄らないので、以前読んだ本の読み返し。

 

驚いた事に旅のエッセイは「これ読んだっけ?」と思うほど

新鮮だったりするのは時代の流れか、当時は知らなかった事も

今はTVの旅番組で見ていたり、政治的背景の見聞も一般的に

見聞きできるようになってきたからかな?と思うのですが

だてに歳はとらないようで、少しは理解できるようになったようです。

 

そんな中、立派な新刊本が送られてきて、新刊の醍醐味に触れました。

 

昨年も同じころ送られてきた本「壽屋コピーライター開高健」を読み

親の世代が活躍した昭和史を垣間見る気がいたしましたが

今回の本「佐治敬三と開高健 最強のふたり」は

更にお二人の個人的な生い立ちにまで深く切りこみ

丁度前回の本で疑問に感じた「サントリー会長親子の姓が違う」

その理由なども書かれていたり、昨年の朝ドラ「まっさん」での

日本のウィスキー誕生やら、ビール業界の進展など

コマーシャルを通じて、あ~あの頃の事なのかと納得する

エピソードなどがきめ細かに書かれていて

より深く昭和史を見る思いが致しました。

 

何となく、実業界の近寄りがたい会長と勝手にイメージしていた

佐治敬三氏の生い立ちから、苦労する一生をみると

大阪の商仲間に、昭和をリードしてきた実業家が多くいて

皆様のご苦労や仕事への情熱が伝わってきます。

 

そして漏れ聞く、作家開高健氏の私生活や病後の様子なども

今だから書けるのかと思うほどに詳しく語られています。

 

晩年励んでいた海外での取材番組は、亡くなった後の再放送や

取材時を振り返るドキュメンタリー番組などで見知っていましたが

より詳しい内容に当時の様子が窺えます。

 

この2冊の本は著者が違いますが、

昨年の「壽屋コピーライター開高健」坪松博之著(たる出版)

を読んだ後に今回の

「佐治敬三と開高健 最強のふたり」北康利著(講談社)を読むと

昭和のサラリーマンや実業家の生き様が少し分かるような気がしますし

何より、戦後の苦しい時代からの立ち直りの歴史が伝わってきて

私が子供時代を過ごした昭和30年代から40年代の高度成長期までを

振り返り、意識する事のなかった時代の流れに感動いたしました。

 

たぶん既に読まれた方も多いと思いますし、素人読者の感想文ですが

年をとったからこそ楽しめる読書もあるなと感じるこの頃、

スローライフを楽しむ今の時代が、長く続くと良いのですが・・

 

早々に天候は回復し、青空が広がり朝の外気温10℃です。

 

我家の長女は東南アジアで仕事をしていて、年に1~2度の

里帰りですが、第一目的は魚沼産コシヒカリのまとめ食い?

 

温泉に浸かり、新緑の銀山平を散策し、ガッツリ食べるごはん!

祖父母自給の青菜や日本の新鮮な魚をタップリ食べる合間に

3杯めし(1食ですが)をおかずナシでガッツリ食べる

と言う食べ方、魚沼産コシヒカリは単食するに限るのだそうです。

 

その長女を昼前に浦佐駅まで送り、買い物をして来ましたが

小出エリアは初夏の陽射しに、車中の暑さは銀山平と違いますね。

 

銀山平の新緑も色濃くなり、青葉という様相に変わってきましたが

まだ画像の端に残雪が映り込みますから・・・

 

6月1日 6:50

6月1日 6:50

6月の若葉

窓からの中之岳

窓からの中之岳

窓からの荒沢岳

窓からの荒沢岳

 

そう言えば6月は衣替えの季節ですね。

既に夏服使用の方も多いのでしょうが、私も下界に下りる時は

ポロシャツ1枚と重ね着から脱皮しています。

 

それでは、昨日の続きで銀山平森林公園・遊歩道の様子から

まだまだ残雪が残っていますが、そろそろ散策コースとして

利用可能になってきました。

 

少しは涼をお届けできそうですね。

 

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

 

高低差のある両サイドも、今は雪により登り易くなっているので

藪に邪魔をされず、探索を楽しめました。

 

シャクナゲの蕾

シャクナゲの蕾

 

ブナ林 015-531 (43)

木漏れ日

木漏れ日

ブナ林

ブナ林

シンボルツリー

両生類の水たまり池

両生類の水たまり池

スノーの水場沢 2

スノーの水場沢 2

遊歩道の二岐

遊歩道の二岐

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

 

二岐のショートコースでは、殆ど雪が消えましたが

山沿いは雪深く、まだ残雪があります。

 

雪解けの池塘

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

 

 

 

戦後70年番組で、昭和を振り返る

 

戦後70年を迎える2015年は、日本にとって敗戦後の復興史。

そして70年間戦争や内戦のない、平和な国を維持してきた歴史。

 

「戦争を知らない子供たち」の歌が象徴するように

私自身は戦後の平和な時代が当たり前に育ち、昔の出来事でしたが

還暦を迎えてみると、戦後たった9年後に生を受けていた事に驚き。

 

ベトナムやカンボジアの経済成長する姿を見る度、戦後生まれの

子供たちが、わずか数年で戦争を知らない子供達として成長し

あっという間に、時代が激変している不思議を思ったのですが

良く考えてみれば当たり前の事で、自然災害にしても

阪神淡路大震災から20年たった今、成人を迎えた人ですら

実体験記憶のない世代となり、言い伝えでしか知らない事。

 

大人にとっては、つい最近の出来事のように記憶に残り

日本の自然災害が頻繁になった入口期だったと思うのですが

若い世代にとっては、異常気象こそ当たり前の時代となり

バブルを知らない世代と言われているのですから・・

 

NHKで日本の肖像・戦後70年の歴史を見ていて

貧しい暮らしが当たり前な幼少期を過ごした私としても

今なら「敗戦後10年足らずの生活として当たり前の事」と

意味つけられますし、子供心にも戦後と言う認識はなくとも

慎ましい暮らしは世間一般的な当たり前の事だったのですが

子供では知ることのなかった「朝鮮戦争による特需」を機に

戦後復興が急速に進み、やがて公害に苦しむ日本の姿に変化。

 

東京オリンピックで、交通インフラが急速に発展し

大阪万博を機に、公害対策も進んでいったとの事。

世界と触れ合う事で学び、よりよい環境を取り入れられる

そんな意味からも、経済成長真っ只中のアジア諸国で

日本に学ぼうとする国もあるのだろうと納得します。

 

自然豊かな魚沼で成長した長女が、なぜか途上国に興味を持ち

16年ほど前に中国成都で語学留学を体験したのは

経済的な問題もあったとは思うのですが、たぶん田舎暮らしに

残っていた、汲み取りトイレの使用などを体験していたから

あまり苦労する事もなく、むしろ色々な価値観の人々が集う

留学生寮暮らしに会ったのだと思います。

 

その後大学4年間を過しながら、春節休みの度に、

ラオス、ミャンマー、タイ等とバックパッカーの旅を体験し、

卒業前年には、強引に私が誘われたのですが、

その旅はタイで合流後、カンボジア→ベトナム→中国と

バックパッカー陸路の旅を体験する事に。それはベトナム戦争、

カンボジア内戦歴史博物館を見る旅でもありました。

今思うと、本当に貴重な体験をさせてもらったと思います。

 

カンボジアではまだ舗装が進まず、赤土の凸凹道を

クラクションなりっぱなしで、すれ違い、マスクが赤く染まり

脇に広がる荒野には、有刺鉄線が張られ、所々髑髏マークの

看板が立ち、地雷エリアなのだろうと想像していました。

 

バックパッカーの乗り合いバスは、ハイエース中古や

韓国ポスターの貼られた中古バスだったり

ベトナムの列車では、一等車チケットと騙されて2等車を

(一応指定席)渡され、体験した地元の人達との列車旅。

 

中国国境へ向かう車窓からの景色は、子供のころ見た

(父の実家津南へ向かう)上越線の風景に似た田園風景。

固い板の座席すら、SL列車の座席を思い出す懐かしい物・・

 

歩いて渡った中国が、近代的な街に見えるほど

まだ山間部のベトナムは、のどかな田舎風景でした。

 

そして、昆明までの移動で、始めて乗った寝台バス!

何もかも、あの時だったから体験できた事だったのかも。

もう、体力的に無理だろうなと思える旅でしたから。

 

そんな長女は今、インドのケララ州でアーユルベータの

短期学習中との事。

先日のどかな田舎風景を見せてくれると、スカイプで

散歩がてら見せてくれた未舗装の街並みに写っていたのは

三輪トラック!

「あら、三輪トラックなんて、私が子供の頃あったわ」と

思わず言っていましたが、TVのオリンピック準備の光景で

三輪トラックが走り回っているのを見て、ある意味彼女は

タムスリップした時代を体験しているのかな?などと思えました。

 

 

 

思い込みを確認

昨夜からの雪は大したこともなく、今朝から降ったり上がったり
降り始めると、このまま本格的な雪になるのかと思われるほど
勢いがあるのですが、しばらくすると雪は上がり
雲の切れ間から青空も覗くという、変化のある天候の1日でした。

雪の晴れ間

雪の晴れ間

里山の朝

ところで、
昨日も思い込みの話をいたしましたが、思い込みにもいろいろあり
先日お客様から質問され、何気に答えていたことに疑問を抱き
夕食時に義母に確認してみたことなのですが、やはり私の思い込み
それは、開高健氏滞在時の様子を語る中で
エッセイにも出てくる晩酌の話。
焼酎を注ぐ時に「姉上、指2本(又は3本)」と言う話。
この指2本とはグラスを持った時、グラスの底から指2本分まで
焼酎を注いでほしいという事なのですが、てっきり私は
焼酎をお湯割り(または水割り)する為の濃さかと思っていたのですが
実際はストレートで飲むのだそうです。
また、大好物だった木の芽の巣篭り(生卵落とし)を丼で食べたと
言われていたことも、実際には一人での滞在中は夏場の為
木の芽の季節は終わっているので、疑問を感じていましたが
このエピソードは後に家族と再来した時、皆で食べたとの事でした。
実際の開高先生は、指2本ほどの焼酎をちびちびと飲みながら
わずかばかりの山菜や田舎料理をつまんだ程度で
酒量も2杯程度までと、とても少飲、少食だったそうなのです。
何となく食道楽な、暴飲暴食を想像していたのですが
日々の生活では、極めて健康的な食生活だったのかも・・・
もちろん、夜食に関しては知り得ませんが、当時の銀山平では
家族と同じ食事をとっていたと聞いていますし、たまに届いた
差し入れも皆で一緒に頂いていたようです。
多分、他にも思い込みからくる勘違いは色々あるのでしょうが
人から質問されなければ、確認することのなかった些細な事。
でも、質疑応答でなければ突っ込んで知り得る機会はないですし
私が間に入ってしまうと、思い違いも多々あると思いますので
両親から直接聞いて頂くのが間違いないですよね。
両親が銀山平まで来る機会も、年々減少していますので
そんな機会をご希望の方は、ぜひ予約時にお申し出ください。

川の流れのままに

なんとなく思いついて始めてしまった、昭和思い出語り
「奥只見・銀山平」で、気が付けば12月に入っていました。
今年の天候は新雪が降っては消えてを3度も繰り返し、寒気としては
早いのか遅いのか判断の付かない変化のある気象で、取り合えず
現在3度目の里雪は跡形もなく消えて、新たに山肌だけ薄っすら雪化粧。
近年の異常気象から始まり、初めての経験は年を重ねるごとに蓄積され
不安も、感動もどんどん記憶の奥に遠ざかり、今があるのみの感じです。
今年は私事でも、変化の波に流されて今に辿り付いたような不思議な気分で
次女がカナダから初めての里帰りをし、長女も時期を合わせて帰国
私の母、兄弟家族が一堂に集まる会を村杉で行い、母との最期の
楽しい思いで作りが出来ましたが、全て自営業の私にとって無理のない
スムーズな日程で運ばれたのも、不思議な縁を感じます。
そして先日、写真の整理から昔話に花が咲き、それぞれの記憶の
すり合わせをしてみると、昭和時代の生活をも振り返ることとなり
私たち自身が、時代を振り返る年齢に達していることに気付きました。
そういえば数年前、津南町出身の父が、戦後東京へ出たいきさつなどを
聞いた事があり、それまで聞かされることのなかった話に興味を持ち
ゆっくり聞いてみたいと思いながらも、急逝され聞くことが出来ず
父の葬儀で予科練時代の親友から、すこしだけ話を聞くことが出来ました。
そんな訳で銀山平の昔語りも今が最後のチャンスと思い、聞いてみる事に
お客様からよく聞かれる「銀鉱があった時代は? ダムが出来たのは?」
など時代的な背景も再確認し、お答えできるようにしたいと
私自身の覚書の様な作業となりました。
取り急ぎ、奥只見ダムの出来るまでを纏めてみましたが、今後追記できる
事があれば続けて行こうと思いますし、あえて「昭和思い出語り」とした
ように、銀山平から離れた事柄に触れる機会もあるかもしれません。
時々同年代のお客様と「あのころはそうだったよね!」と盛り上がることが
あったり、少し若い方とは「そんな時代だったのですね」と語り合うことが
ありますが、一世代前となった昭和を再認識できたら楽しいと思いますし
度重なる自然災害も、長い地球の歴史の中では、幾度も繰り返してきた
当たり前のことだと受け入れられるような気がします。
まるで豪雨の度に流れを変えてきた川が、その後何事もなかったように
新たな流れの中で、自然界の生き物と関わりを続けている様に・・・