カテゴリー アーカイブ: 山の料理

連休初日は曇天の登山日和

 

心配される連休の天候ですが、とりあえず本日は曇天

朝の外気温も昨日に続いて15℃と低めで、朝霧に包まれ

枝折峠の雲海は多少なりとも見られたのでは・・・

 

朝靄の晴れる頃 8:10

朝靄の晴れる頃 8:10

銀山平温泉の朝

016-9-17-10

朝靄の中之岳

朝靄の中之岳

 

今年の気候は例年とは違うので先が読めないのですが

遊歩道では蔓系の実が豊作で、先週は少しヤマブドウを頂いてきました。

 

黑く熟したとは言え、酸味が強く甘味の少ないヤマブドウですので

ワインにする気のない私は、もっぱら砂糖で煮てシロップを作ります。

 

ヤマブドウのシロップ作り

ヤマブドウのシロップ作り

 

ヤマブドウシロップ

ヤマブドウシロップ

 

一番は絞ることなく濾過をし、その後別に絞った2番絞りシロップを作ります。

 

ヤマブドウエキス

ヤマブドウエキス

 

ロングボトルが一番エキスで、2番絞をジャム瓶に入れましたが

2番絞りは少し色が濁るのでヨーグルトに混ぜるとぴったり

思った以上に美味しかったので、早速デザート利用です。

 

ヤマブドウヨーグルト

ヤマブドウヨーグルト

 

季節限定のデザートとなりました。

 

ところで先日、目玉焼き用のフライパンがこびり付くようになり

新しい物を探していたのですが、ネット検索で目玉焼き型4ケ用の

フライパンを発見、パンケーキ用らしいのですが

これなら他利用はない為、テフロンが剥がれないで済むと期待し

早速アマゾンで買ってみました。

 

その後何度か目玉焼きを試しましたが、とても重宝!

4人分を焼くこともあれば、お二人の時は開いた2カ所で

ハムを焼くことも出来、中々便利でした。

 

もちろんパンケーキもきれいに焼けましたしね・・

 

目玉焼きフライパン

目玉焼きフライパン

小サイズパンケーキ 小豆&チーズ入り

小サイズパンケーキ
小豆&チーズ入り

 

 

 

増えない積雪・・

 

今週末は寒波再来と覚悟していましたけれど、今朝の降雪から

徐々に回復し、雪も上がって薄明るくなってきました。

 

14:33

14:33

少雪

2月の少雪

 

2月とは思えない少雪で、寒暖を繰り返すうちに積雪は萎み

家の周りは魚沼らしくない積雪量。

 

木々を覆った雪の花が消える度に、杉の木の茶色が増し

そろそろ花粉の季節が近いのでしょうね。

 

そうそう、ヨーグルティア使用の手作りヨーグルト第2段は

豆乳編で「明治LG21 無糖 小パック」1個と豆乳1Lだけ

200ml程の豆乳にヨーグルト1パックを混ぜ、塊が消えたら

残りの豆乳を全て入れてかき混ぜるだけ。

ヨーグルティア容器に直接入れるので、簡単!

 

40℃で7時間タイマーをセットして朝まで放置するだけ。

時間が過ぎても気にすることなく、起床時には止まっているので

そのまま冷蔵庫で冷やしただけですが、蓋を開けると

まるで豆腐のようなしっかりした塊りで、豆乳臭もほとんどなく

ヨーグルトらしい酸味と、LG21カップのマイルドな味が広がり

コクのあるヨーグルトなのに大満足!

 

これなら豆乳を美味しく食べられると期待感大ですので

次の課題は、アンニンゴ酒や甘味の追加をどの段階で投入するかです。

既にヨーグルトらしく固まっているので、後で追加すると崩れるし

始めから混ぜても固まるものなのか、営業再開までに要研究ですね。

 

 

年に一度の情報交換

 

昨日の夕食は滅多にない外食で、奥只見エリア婦人新年会でしたが

宴会宿は立て込んでいたらしく、送迎車は10人乗りタクシーを

宿の方で手配してくれて、昔の10人乗りワゴン車しか知らない

私にとっては、広い車内に変わっていて驚きました。

 

お馴染みの顔ぶれですが、最近は犬散歩もなく出合いはほとんどなし。

久し振りの情報交換は有意義な物ばかり(ほとんど受益者ですが)

地元の高齢者受け入れ施設の事から、健康ネタなど様々・・

 

4時に出発して、先に温泉を済ませ、8時にお開きと

平均年齢のアップと共に、短時間で実のある交換会となりました。

 

そう言えば今朝のあさイチで、チョコレートの健康効果を

取り上げていましたが、カカオ70%になると毎日25g位

摂る事でポリフェノール摂取が高く良効果との事。

 

中々良い話では、糖分摂取だけに気を付ければ健康食品かも。

 

昨年から「野菜から食べるという食材の順番を守る事で

普段足りていない食品を摂る様に心がけ、だいぶ

コレステロールを下げられたので、今度は血糖値にも心配り。

 

もともと食事量が多い訳ではなく、忙しいと簡単に済ませる事が

いけないと理解しつつ、冬にはしっかり野菜を食べ、

スイミングに通い、何とか現状維持を続けていますが

このチョコレート作戦は、おやつに応用すれば良いかなと期待。

 

さっそくココナツヨーグルトで使い残ったココナツミルクで

今回はカプチーノシェイクを試してみたのですが

レンジでちょっと熱くなり過ぎたミルクに更に冷たいのを追加

丁度良い温度まで下げてシェイクした甲斐あって

簡単に泡たち、コーヒー6分にシェイクミルクをそのまま注ぎ

簡単に楽しむことが出来ました。

 

シェイクするとマイルドになり、ココナツの香りもきつくなく

無糖のカプチーノとして美味しく頂けます。

 

ココナツミルクでカプチーノ

ココナツミルクでカプチーノ

 

お一人様コーヒータイムには、フィルターいらずのコーヒードリップで

直接カップに落し、別のカップに入れたミルクをレンジで適温に温め

ミニサイズのシェイカーで攪拌するだけ、とっても簡単です。

 

 

恵まれた天然水の恩恵

 

今朝は少し濃霧も緩んで、雲の切れ間から登り始めた朝陽が

いつもと違った空を見せていたので、5:40窓からの撮影開始。

 

銀山平温泉の朝 5:42

銀山平温泉の朝 5:42

 

銀山平温泉の朝

銀山平温泉の朝

5:52

5:52

朝陽

銀山平温泉の朝

銀山平温泉の朝

 

始めは薄らとしか見えなかった中之岳も、あっという間に姿を確認

 

中之岳

中之岳

窓からの中之岳 015-8-8 (40)

 

窓からの荒沢岳 5:57

窓からの荒沢岳 5:57

 

少し風も出て、昼時でも屋内25℃と過ごし易いのですが

外気温は35℃と、やはり雲があるとはいえ夏の陽射しは強いですね。

 

でも暦を見ると立秋なので、この暑さも残りわずかでしょうか。

 

 

ことろで、村杉では夕食時に少しだけ、夫の手打ちそばをご提供。

魚沼産コシヒカリも農家から直に購入しているのでご好評ですが

酒飲みの夫が打つ十割そばは、蕎麦好きのお客様から喜ばれています。

 

そんなこだわりの十割そばも、地元魚沼産のそば粉を取り寄せ

フノリを煮込んだ冷水だけで捏ねるため、夕食直前に打つ限定食。

 

繋がりが悪くならない工夫として、週に1回宅急便で必要な量だけ

挽いてもらい取り寄せています。

今回そば粉と一緒に幟旗とリンクのご依頼が来ましたのでご紹介します。

初めて確認しましたが、魚沼農耕舎さんはお米も取り扱っているようですね。

 

残念ながら村杉では夫婦で賄うコンパクト宿へ移行中の為

昼食営業はしていませんので、幟は立てる事がないと思いますが。

 

十割そば

十割そば

015-8-6 (2)

 

手打ちそば

 

銀山平温泉には荒沢岳の地下水を引いた8.5℃ほどの冷水があり

蕎麦も、ご飯の炊飯もよりおいしく頂けるようです。

 

もちろんお客様からは自由に飲んでいただき、飲み物を冷していただきと

積極的に塩素の入らない地下水を、ご堪能いただいています。

 

 

連泊利用に、自家山菜総出の調理開始です

4月後半からの晴天続きに、五月晴れの5月が始まりましたね。

積雪に囲まれた銀山平でも、昼間の外気温は20℃まで上がり

外で動いていると汗ばみますが、早朝は6℃前後と冷え込み

上着がなければ寒いのでご注意ください。

 

今の季節晴れた朝も霧が出ることはなく、爽やかな青空広がり

カーテンを開けて寝ると、無理なく早起きになります。

 

1日青空が続く中、夕日を浴びた景色は明るく、時間を忘れ

日が長くなっていることに気配りしないと、夕闇はすぐそこに!

 

銀山平では一部片側通行にする為、信号機がありますが

雪崩防止の為、夜間通行禁止との事です。

お気を付け下さい。

 

4/30  16:57

4/30  16:57

春の夕暮れ

 

見えにくいでしょうが、矢印の先には月が出ています。

 

夕暮れの月

 

昨日は山菜の塩抜きなど、食材準備を開始しましたが

今日は寝具のセット、今年は昼間のスタッフを見つけられず

前倒しで出来る事から準備を開始(いえ数年前からです・・)

 

TVでもサービス業の人手不足が言われていますが

銀山平も数年前から(シルバーラインの運転は怖い)等

なかなかパートさんを見つけられないのです・・

そして、私達は年々歳を重ねていくという事で

最近は食堂利用の人数を制限して対応しています。

そんな訳で、ログハウス利用のお客様が全て食事付となると

既に食堂は満席で、本館は素泊まり以外お取りできない状況です。

 

経験からくる対応方法は「出来る範囲で!」何とかGW乗り切ります。

 

そんな山菜の塩戻しとは、調理サイズにカットした塩漬け山菜を

銅鍋で水から煮立てると、渋で黒かった山ウドなどきれいな緑に変色。

その後、ネットに入れて流水で一晩塩抜きをします。

 

銅鍋でフキを煮立てる所

銅鍋でフキを煮立てる所

煮立てた後は緑になる、塩漬け山ウド

煮立てた後は緑になる、塩漬け山ウド

 

そしてワラビは採取時にあく抜きで火を通してあり、下ごしらえ済み

塩をタップリまぶして袋に入れ、冷蔵保存していましたので

ただネットに入れ、塩抜きをするだけで直ぐに食べられます!

 

塩抜き前のワラビ

塩抜き前のワラビ

 

そして干しゼンマイは、タップリ水を入れた鍋にぜんまいを入れ

ゆっくり沸かし、煮立つ直前に火を止めます。

1度目の水を捨て、新たに水から煮立て沸騰する前に火を止め

そのまま一晩おくと、ふっくらした元の姿に復元します。

 

干しゼンマイの戻し方

 

さてこれから山菜の煮しめを始めなくては・・

 

1~2日前には茹でて冷凍保存していた、木の芽とコゴメを解凍。

こちらは水の中で解凍させた山菜を、容器にたっぷりの水を張り

菜が泳ぐくらいの余裕をもって冷蔵庫へ入れます。

1~2日置くと、冷たい水を吸った菜がシャッキリとして

歯ごたえが戻ってきます。3日以上は色が抜けてきますけど。

 

という事で、これからコゴメや木の芽もメニューに合わせて

戻しますので、急に冷蔵庫が混み合いそうです。