カテゴリー アーカイブ: レポート

明日は奥只見丸山スキー場のシーズン始め

 

朝になってから雨は霙へ変わり

 

霙から雪へ

霙から雪へ

霙から雪へ 霙から雪へ

 

その後本格的な雪なりました。

やはり今年はこのまま冬本番へ突入でしょうかね・・

 

体も心も冬への準備が間に合わず、余計に寒く感じますが

奥只見丸山スキー場は明日11月25日からオープンとか

スキー場にとっては恵みの雪でしょうか。

 

今シーズンは早めに撮りためた写真の整理をしようと

山野草、野鳥。生物と画像のジャンル分けをし準備。

 

一息ついたところで、ネット記帳を済まそうと

アクセスするとログインページへ入れず、

商工会へ確認すると問題がないとの事でPCの問題か?

以前から数字キーボードに故障があり、右サイトの

NUMLOCKキーで代用していたこともあり

いよいよダメかなとPC画像のバックアップをとり

修理依頼の準備を始めたところ。

 

それにしてもこのブログへのログインは出来ているし

どこに問題があるのか???

どっちにしてもバックアップを取ったので

休み明けに修理依頼しなくては・・

 

まずは古いPCが使えるか確認しなくてはと

先ほど立ち上げてセキュリティの更新を済ませましが

サーバーも転居していたのでログイン画面をコピーしたり

先延ばしにしていたバックアップが進行しました。

 

荷運びと後片付け進行中!

 

昨日も雨は上がり、曇天ながら仕事はスムーズに進行。

 

温泉が止まり、夕方には自宅の共同温泉に入りがてら

荷物運び開始です。

夫は共同仕事や外仕事ですので、コツコツと荷をまとめ

後片づけと共に掃除を進める日々ですが、明日には

自宅へ移転できる予定になっています。

 

最後の大仕事は上下水道配管の水抜きですので

荒天予報ですが、大したことないといいな・・

 

8日は夕食を挟んで、客室のフローリングにワックスがけ

ベットマットレスを運び出してのワックスがけ

 

11/8 16:52 ワックスがけ

11/8 16:52 ワックスがけ

 

位置をずらして二度目を塗り上げ乾燥し

翌朝セットを戻して終了です!

 

フローリングのワックスがけ

フローリングのワックスがけ

 

今朝は天候も回復し、冬囲いの中でも外気温-1度と

薄っすら霜が降り、もちろん朝霧は出ていません。

 

窓からの中之岳 7:14

窓からの中之岳 7:14

窓からの魚沼駒ケ岳

窓からの魚沼駒ケ岳

落葉の山並

落葉の山並

 

10:12

10:12

017-11-10 (12)

 

今日も入浴に下りながら、食材や着替えを下ろし

明日は身の回り品と最後の食材周り、

そしてPCやカメラ等、細々と運んで終わらせる予定ですが

何かと忘れ物が出てきそう・・

夫は暫く外仕事に通うので、後はお任せです。

 

やはり落葉も進んで、冬季閉鎖のムードに包まれた

銀山平温泉、冬休みを楽しみつつ体力作りや

撮りためた写真の編集などしようと思います。

 

 

朝晩の気温低下に、久々の雲海日和!

 

すっかり朝晩の気温が下がり始め、昨日の早朝は8℃

今朝は6:30頃で12℃と昼間との寒暖差が生まれ始め

今朝は久しぶりに雲海日和の濃霧が戻ってきました!

 

社会人ボート部合宿も中日が過ぎ、休息を兼ねての越後駒ケ岳登山。

と言う事で朝昼のおにぎりを昨夜お渡ししたので、朝食ナシの

ゆとり時間を貰え、裏の河原へ様子見に行きました。

 

今週は天気にも恵まれ、思った以上に北之又川は減水中!

 

6:50

6:50

 

川の流れがすっかり変わっていたので、撮影を楽しんだのですが

今日は時間がないので次回にでも・・

 

朝の濃霧は、その後に青空が広がって初めて雲海日和ですが

幸いに川の撮影を終える頃から、霧が晴れ始め青空が広がりました。

 

朝の濃霧  6:43

朝の濃霧  6:43

 

濃霧の晴れる頃 7:23

濃霧の晴れる頃 7:23

濃霧の晴れる時

濃霧の晴れる時

濃霧の晴れる時

濃霧の晴れる時

7:33

7:33

窓からの魚沼駒ケ岳

窓からの魚沼駒ケ岳

窓からの荒沢岳

窓からの荒沢岳

朝靄の晴れる時

朝靄の晴れる時

朝靄の晴れる時

11:58

11:58

 

と言う事で絶好の雲海日和に駒ケ岳登山を迎えた皆様は

さすがアスリートぞろい、早朝出発ではありましたが

11時半には帰宅するという早業で、おにぎりだけでは空腹だった様子。

 

釣り宿時代のなごりで茶碗1膳分のおにぎり2食は

一般の方には多すぎるのですが、アスリートにとっては

エネルギー不足だったかも・・

 

早々夕食の準備に取り掛かりますので、今日はここまで!

 

登山コースから雲海も日の出も見ることができ、午前中は

晴天に恵まれたので、景色も感動できたそうで何より

午後には薄曇りになりましたので、早起きは正解!

 

午後は温泉の後、ゆっくり休んで

明日からまた練習の仕上げに入るようです!

 

そうそう、3日に帰った釣りグループは思いのほか

この季節には珍しい大物釣果が続いたようですが

後ほど改めてご紹介させていただきます。

 

 

 

朝の外気温も下がり、9月らしい晴天に

 

9月の秋晴れを思わせる爽やかな青空です。

 

昨日からボート部の合宿ですので、しばらく散歩はお休みです。

昨日はお昼にご到着で、昼食後早々にボート下ろし

直ぐ夕暮れですが、まずは慣らしに出たようです。

 

奥只見観光さんの艇庫をお借りしての準備中でしたが

チョットだけ様子伺いをしてきました。

 

ボート合宿

ボート合宿

 

当然なのでしょうが、みなさん軽々とボートを担いで移動・・

 

よく見ると靴はボートに装着

よく見ると靴はボートに装着

4人乗り

4人乗り

こんな風にして運ぶのですね

こんな風にして運ぶのですね

湖上のボート

湖上のボート

湖上のボート

 

8月末から、奥只見ダムの水位は少しづつ減水を続けていて

そろそろ桟橋移動をする宿も現れているそうです。

 

村杉桟橋

村杉桟橋

北之又川流れ込み

北之又川流れ込み

 

上空をピーヨーと鳴きながらトビが数羽で旋回中

そう言えば銀山平温泉のエリアも、今年はトビの群れが見られます。

 

湖上のトビ

湖上のトビ

銀山平温泉エリアのトビの群れ

銀山平温泉エリアのトビの群れ

トビの群れ

 

昨日は朝まで雨が残りましたが、夕暮れは爽やかな青空へ

 

8/30から釣りに来ている常連グループは、

さっそく初日に50cmオーバーのイワナを

北之又川でのフライキャスティングでキャッチ&リリース!

釣り人にとっては、そこそこの雨は歓迎のようです。

 

8/31 16:14

8/31 16:14

窓からの中之岳 16:15

窓からの中之岳 16:15

 

昨夜は急に風が冷たくなり、早々に窓を閉めるほどで

今朝も16℃と、ひんやりした朝となっています。

 

窓からの中之岳 7:07

窓からの中之岳 7:07

窓からの中之岳

 

銀の道をご案内してみると・・

 

昨日はドコモの繋がりが悪く、2階の客室から窓越し電波で

何とか更新したのですが、その後1階に戻ってくると

電波受信も戻った様子、ところが数秒後にはまた切れてと

どうも工事でもしているのではと言う様子だったので

さっそく電話で問い合わせ、18時まで作業中との事!

解決しました。

 

もともと屋内受信が弱いので、ドコモから拡張機を貸与

場合によっては機械の故障もあるので、確認する為

余計な時間がかかりました。

 

まぁ夏休みとは言え、まだ混んでいないのでいいのですが

最近はバス利用のお客様も多くなり、ご案内が複雑化・・

 

と言いますのも、ここ続けてバス利用のお一人様が

銀の道経由で魚沼駒ケ岳登山をご計画!

 

銀山平森林公園・遊歩道のトレッキングコース同様

昨日の散策で確認しましたが、銀の道の草刈りもまだで

道標が見つけにくかったり、雨でぬかるんでいたりと

登山道以上に歩きにくく感じるかも知れない状態です。

 

百名山ブームで魚沼駒ケ岳は所々木道も敷かれ、道標も整備。

返って旧道の整備不良が当て外れになるかもしれません。

と言うのも、利用者が極端に少ない為とも言えるのですが。

 

一応「銀の道」の入口をご案内したり、3合目へ合流する

林道からの道をご案内したりしているのですが

なかなかスムーズに伝わらないのは、説明下手のせいですが

どうしても、地形が分かっているものと、初めての方では

共通認識が出来ているのかどうか疑問が残ります。

 

と言う事で、今日はグーグルアースを開いてみたのですが

何と銀の道は、草木に覆われ道すら見えない状態でした。

 

グーグルアース

グーグルアース

 

と言う事で、この地図を利用して書き込みをし

マップに仕上げてみました。

 

銀の道への入り方

銀の道への入り方

 

ただ初めての方には、簡単マップだけでも分かりにくいので

説明文も含めて、「銀の道ご案内」ページを作ってみました。

 

ついでにバスで来た方のマップも記載

以前に書いたマップを一部修正してみました。

 

銀山平バス停案内

銀山平バス停案内

 

以前は銀山平バス停と言うと、銀山平船着場を指しましたが

今はシルバーラインを出てすぐの三叉路にある「白光岩」が

銀山平温泉には近いのでお勧めです。

 

また初めてお越しのお客様が、カーナビでミスリードされ

シルバーライン下の折立温泉に行ってしまう場合があります。

と言うのも、住所が下折立の飛び地になっているため・・

 

電話でご説明するようにはしていますが、稀に起きます。

どうぞカーナビには「銀山平温泉・白銀の湯」で検索を!

 

もちろん村杉でも良いのですが、稀に以前の船着き場を

指してしまう事があるようです。

 

便利なようで不便なナビシステムですね・・