カテゴリー アーカイブ: 6. ふれあいの森

銀山平森林公園トレッキングコース その2

 

曇り予報ながら午後から雨に変わりました。

朝の外気温も8℃と少し低めで、午後でも10℃と肌寒く

釣り人は濡れたこともあり、早めに上がってきました。

 

今朝は5:30頃「キャラッキャラッ」とヤマセミの声

寝室の小窓から裏を覗いていると、まだ新緑の少ない

低木の上すれすれに上流へ飛んでいくヤマセミを確認!

いよいよ子育てが始まったかなと思うところ・・

1時間後に戻っていくのか、また鳴き声を確認できました。

 

今年は木の芽を始め、下草の成長が遅い感じで

アカショウビンの声も私自身は聞いていません。
(釣り人は2週間前から湖上で声を確認しています)

 

昨日は夫の叔母からネマガリタケを頂き早速皮むき

 

ネマガリタケの節取り

ネマガリタケの節取り

 

ネマガリタケは節が固いので、皮むきの後節取りをします。

 

ネマガリタケノコ

ネマガリタケノコ

 

皮をむいて半減し、節を取り除くとさらに半減します!

 

それでは昨日のトレッキングコースから

コースに残っていた雪もだいぶ消えていましたが

やはり足場は滑りやすいので、二本ストックがお勧め!

 

トレッキングコース登り口

トレッキングコース登り口

 

殆どのイワウチワは花も終わっていましたが

雪消えの遅かったところだけ、まだ花盛り

 

イワウチワ

イワウチワ

イワウチワ

イワウチワ

一部には、まだ残雪も

一部には、まだ残雪も

タムシバ

タムシバ

タムシバ

タムシバ

アブラツツジ

アブラツツジ

アブラツツジ

アブラツツジ

シャクナゲの新芽

シャクナゲの新芽

花の蕾かと迷たけれど若葉の蕾

花の蕾かと迷たけれど若葉の蕾

 

残念ながらシャクナゲは花期を終え若葉の新芽が柔らかそう。

変わってアブラツツジが花盛りを迎えていました。

 

ヤマグルマ

ヤマグルマ

 

尾根道

尾根道

荒沢岳

荒沢岳

見下ろす銀山平温泉

見下ろす銀山平温泉

山頂からの下り坂

山頂からの下り坂

左に銀山平温泉を見下ろして

左に銀山平温泉を見下ろして

銀山平温泉

銀山平温泉

反対側は中之岳と魚沼駒ケ岳

反対側は中之岳と魚沼駒ケ岳

目印の朽ちた巨木

目印の朽ちた巨木

朽ちた巨木

朽ちた巨木

ブナ林の中で

ブナ林の中で

 

昨日は夕暮れまで天候に恵まれました。

 

6/11 17:01

6/11 17:01

 

 

 

銀山平森林公園・遊歩道:トレッキングコース

 

気になっていた銀山平森林公園・トレッキングコース

遊歩道にもまだ残雪が残り、登山道が分かるかのお試し行。

 

一番の目的はシャクナゲの最盛期に出合いたい!でしたが

まずはトレッキング登り口はイワウチワの群生が出迎え

 

登り口のイワウチワ 5:53

登り口のイワウチワ 5:53

蕾も見られ群生中

蕾も見られ群生中

 

トレッキングコース

トレッキングコース

トレッキングコース

トレッキングコース

道を見失わないように!

道を見失わないように!

 

普段からさほど整備が良くないのですが、急坂の上

所々残雪が多い、慣れない方は道を見失いそうです。

 

赤い前嵓橋の脇から上ると、右側に銀山平温泉を見下ろすので

宿が見える側に沿って歩いていくと道が現れます。

決して雪上を下に下りませんように!

 

分かりにくいとはいえ、コース道を登っていくと

尾根の上に出てしばらくは細い尾根歩きとなります。

 

尾根歩き

尾根歩き

荒沢だけに向かって尾根歩き

荒沢だけに向かって尾根歩き

コース道

コース道

尾根から見る村杉

尾根から見る村杉

山頂から見下ろす銀山平温泉 10:49

山頂から見下ろす銀山平温泉 10:49

見下ろす銀山平温泉

下り坂

下り坂

 

山頂の見晴らしから下り始めると、左側の視界は荒沢岳や中之岳

途中残雪のある所では左の山沿いに沿ってコースがあります。

 

目印の朽ちた巨木

目印の朽ちた巨木

 

整備された登山道より道が悪いので、ストックを2本持ち

4輪駆動で歩いたのが功を奏し、滑る事無く下れました。

 

朽ちた巨木

朽ちた巨木

 

山頂から少し下りた林は野鳥エリア、キビタキやオオルリの声が

夏場でもシジュウカラ科の野鳥が混生して暮らしているようです。

 

と言う感じで、時々道を見失いながらもコースを完歩。

山野草も今までより早いシーズンに歩けたことで確認が出来ました。

 

東シャクナゲは尾根沿いの陽当たりでは既に花後ですが

殆どはまだ蕾で、来週辺りが良かったかも。

それでも蕾から開花まで確認できました(^^♪

 

マンサク

マンサク

残雪とマンサク

残雪とマンサク

最初に出合ったシャクナゲの蕾

最初に出合ったシャクナゲの蕾

シャクナゲの新芽

シャクナゲの新芽

花後のシャクナゲ

花後のシャクナゲ

シャクナゲの蕾

シャクナゲの蕾

花盛りのシャクナゲ

花盛りのシャクナゲ

シャクナゲ

シャクナゲ

シャクナゲ シャクナゲ

 

紅葉でもそうですが、日当たりの良いところから始まり

木陰に移っていくので、全て良い時はないものね・・

蕾から花後まで見られて良しと言うところでしょうか。

 

ユキグニミツバツツジ

ユキグニミツバツツジ

タムシバ

タムシバ

イワカガミ

イワカガミ

アブラツツジの蕾

アブラツツジの蕾

 

ヤマグルマ

ヤマグルマ

ヤマグルマ

ヤマグルマ

ヤマグルマ

ヤマグルマ

 

間もなく遊歩道と言うところまで降りて、雪で道が分からず

残雪でどこからも降りれるのを良い事に下りたら

水道タンクのある沢へ、そのままサンショウウオの水溜りを

チェックしに寄ると、やっと雪解けが始まった所。

 

11:34

11:34

 

上の遊歩道はアスファルトが現れていたので

Uターンし、温泉センター裏から戻ってきました。

 

遊歩道から見下ろす温泉センター

遊歩道から見下ろす温泉センター

 

我が家の花壇ではスズランが開花を始めました。

 

庭のスズラン

庭のスズラン

 

 

 

 

 

銀山平森林公園・トレッキングコース「ふれあいの森」

 

昨日は天候回復したものの、涼やかな風で夜には薪ストーブ使用。

今朝は14℃から昼には24℃と元に戻った感じです。

 

016-6-5 (170)

7:10

朝の銀山平温泉
昨日は週末ながら予約が少なかったので、午後からトレッキングコースへ

アブラツツジの開花調査に行ってきました。

思った通り、最盛期を迎えていたので満足!

 

まずはトレッキングコースのご案内からアップしていきます。

 

銀山平森林公園・トレッキングコース

銀山平森林公園・トレッキングコース

尾根道から見る荒沢岳

尾根道から見る荒沢岳

 

登り道に出合ったウラジロヨウラクに見慣れぬ白い塊を発見。

虫こぶかと思って調べると、モチ病らしいという事でした。

 

ウラジロヨウラク・モチ病

ウラジロヨウラク・モチ病

ウラジロヨウラク

ウラジロヨウラク

 

前回花盛りだったウチワカガミは花が散り、萼片も花を思わせる愛らしさ。

 

花後のウチワカガミ

花後のウチワカガミ

 

一気に登り続く尾根を歩くと、頂上手前でショート登坂で下山コース。

 

トレッキングコース山頂から

トレッキングコース山頂から

016-6-5 (38)

銀山平森林公園・トレッキングコース

銀山平森林公園・トレッキングコース

トレッキングコース

トレッキングコース

トレッキングコース

老木

老木

空洞老木

空洞老木

老木

 

空洞の巨大老木も、年々朽ち果て間もなく崩れ落ちそう・・・

 

根曲りの杉林

根曲りの杉林

杉林

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

 

杉林の落葉の下からギンリョウソウが姿を現し始めました。

 

トレッキングコース

 

土砂崩れの後を横断すると、僅かに手入れされた道を下りて終了!

 

ここで初めて出会う小さな山野草を発見!

ハート形の5枚の花弁を元に検索した所、オオサワハコベのようです。

 

オオサワハコベ

オオサワハコベ

オオサワハコベ

 

下山した木蔭にはマイヅルソウ、ユキザサ、チゴユリ等が並び

 

ユキササ

ユキササ

マイヅルソウ

マイヅルソウ

チゴユリ

チゴユリ

 

木陰から抜けるとトキワハゼが色鮮やかに迎えてくれました。

 

トキワハゼ

トキワハゼ

 

次回はトレッキングコースで出合う樹木や低木をご案内します。

 

銀山平森林公園・トレッキングコース 「アズマシャクナゲ」

朝霧もない爽やかな晴天に、外気温13℃から30℃まで上昇。

まるで夏のようですが、爽やかな風があり屋内は窓を閉めていて

昼でも20℃と快適です。

 

7:33

7:33

 

それでは昨日の銀山平森林公園・トレッキングコースの様子から。

 

車道に近い方から登り始めましたが、下の方はまだイワウチワが咲き

ストック片手に、滑り易い斜面を登って行きます。

 

 

イワウチワ

イワウチワ

銀山平森林公園・トレッキングコース

銀山平森林公園・トレッキングコース

 

始めに出合ったシャクナゲは柔らかな新芽ですが、これは花の前なのか

アズマシャクナゲを近くで観察していなかったので、開花前後が不明。

 

アズマシャクナゲの若葉

アズマシャクナゲの若葉

アズマシャクナゲ花後

アズマシャクナゲ花後

アズマシャクナゲ新芽

アズマシャクナゲ新芽

 

その後散り花や若葉の蕾などに出合い、開花に間に合わなかった?

と心配しましたが、まもなく花盛りや蕾のシャクナゲにも出合え

何とか撮影することが出来ました。

 

白いアズマシャクナゲ

白いアズマシャクナゲ

アズマシャクナゲ

アズマシャクナゲ ピンク

アズマシャクナゲ ピンク

 

ほとんどピンクの花ですが、時々白い花も見かけ、蕾から満開までと

すでに散り始めた物から、これから花期を迎えるものまで混在し

10日後位にもう一度行ってみたいと思うのですが・・・

 

アズマシャクナゲ

アズマシャクナゲ

アズマシャクナゲ 016-5-15 (139)

アズマシャクナゲ

 

トレッキングコース山頂からは、銀山平温泉を見下ろし

 

銀山平温泉

銀山平温泉

 

尾根からは荒沢岳が間近に見られます。

 

尾根から見る荒沢岳

尾根から見る荒沢岳

 

杉林に入りかかると、古い巨木がありますが

年々空洞が広がり、朽ちていっているようです。

 

空洞の巨木

空洞の巨木

空洞の巨木
トレッキングコース
新緑も急速に色濃くなり、ツツジやタムシバなど色鮮やかになっています。

 

ユキグニミツバツツジ

ユキグニミツバツツジ

タムシバ

タムシバ

 

遊歩道ではぜんまいも見られますが、これは採取禁止です。

 

ぜんまい

ぜんまい

 

今日の遊歩道でも、ギフチョウやクロアゲハを見かけましたが

ログハウス周辺では、ウワミズザクラの蕾も開き始めました。

 

ウワミズザクラ

ウワミズザクラ

ウワミズザクラ蕾

ウワミズザクラ蕾

 

アケビの新芽も少しずつ見かけ始め、声高らかに鳴くのはモズでした。

 

アケビの新芽

アケビの新芽

 

モズ

モズ

 

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

 

我家のスズランは、間もなく花開きそうです・・・

 

庭のスズラン

庭のスズラン

 

 

銀山平森林公園・トレッキングコースで見る樹木

 

太平洋側を通過した台風23号で、北海道では大きな被害との事。

強風範囲が広く当地でも時折強風は吹きましたが、それほどではなく

寒気の影響で昨日は一日薪ストーブと点けていたので、数回煙が逆走

チョット煙の臭いが広がりましたが、直ぐに収まりました。

 

今朝もそよそよと風は残っていますが、雲の切れ間から陽が射します。

今週に入り朝の外気温は一桁代まで下がり

窓外の木々が黄色く染まり始めてきました。

 

それでは昨日に続いて銀山平森林公園・トレッキングコース観察から

木の判別が全くできなかった身としては、花に並んで木の実も

参考にできる重要な手がかり、今回も新たな気付きがありました。

 

7月の散策では、花期に間に合わなかったアブラツツジですが

そろそろ紅葉が始まっていました。

 

アブラツツジ 

アブラツツジ

アブラツツジ

 

最近はアブラツツジの花に間に合う事がなく残念なので、当ブログ内を

検索し2009年に花の写真を撮っていたので、参考に載せておきます。

 

6月末のアブラツツジ

6月末のアブラツツジ

6月のアブラツツジ

 

そして遊歩道では、黒い実を付けるハイイヌツゲを見かけますが

トレッキングコースでは赤い実を付けるアカミノイヌツゲに変化。

 

アカミノイヌツゲ

アカミノイヌツゲ

アカミノイヌツゲ

アカミノイヌツゲ

 

僅かな高低差で随分違うものだと嬉しい気分になります ♪

 

アクシバの小木は、実はタップリついているものの落葉を始め

 

アクシバの実

アクシバの実

 

シャクナゲは早くも蕾を付け、冬芽として年を越すのかと気付きます。

 

アズマシャクナゲ

アズマシャクナゲ

 

7月に花を見かけ、ヒトツバカエデと確認できましたが

落葉を見るだけではミヤマザクラやオオカメノキの葉と見間違いそう

今回も種が残っていたので、カエデだと思い出しました。

 

ヒトツバカエデの黄葉

ヒトツバカエデの黄葉

ヒトツバカエデ

ヒトツバカエデ

 

そして今まで気づいた事のない丸い葉に出合いましたが

ネット検索の結果、これがマルバマンサクの葉なのですね。

マンサクは葉よりも早く花を咲かせるので、葉は未確認でした。

 

マルバマンサク

マルバマンサク

マルバマンサクの実

マルバマンサクの実

 

チョット見かけない実を見かけたのがきっかけでの観察、更に他の所では

とげとげの実も見かけて疑問が増しましたが、これは虫こぶだそうです。

 

マルバマンサクの虫こぶ

マルバマンサクの虫こぶ

 

ヤマグルマの実には変化がなく

 

ヤマグルマ

ヤマグルマ

 

そうそう、入り口付近ではツノハシバミの実も見かけました。

 

ツノハシバミ

ツノハシバミ