カテゴリー アーカイブ: 2. 夏

雨上がりの爽やかな川面で、リフレッシュタイム

 

今年はだいぶ改善されたようで、国道352号冬季閉鎖解除が

前もって連絡されて来ました。

と言う事で、6月29日(木)12時から全面解除へ

残されていた銀山平船着場~尾瀬口船着場(鷹ノ巣)間も

解除予定の案内が来ましたので、週末からは

福島県通り抜けが可能になります。

とは言え完全1車線の為、マイクロバスまでの車種限定

交互通行で譲り合いながらの走行となるために

鷹ノ巣までに約1時間+桧枝岐村まで1時間=2時間行程です。

 

シルバーラインは二輪車通行不可の為、

この峠越えで唯一バイクツーリングが可能となります。

ハードコースですので、事前にお調べの上ご利用ください。

 

梅雨入りしたとはいえ、まだ影響が少なく

昨夜の雨も早々に上がり、雨上がりの眩しい朝に!

 

バードウォッチングが気になるので、とりあえず木陰から

川面ウォッチングをしながら待機することに・・・

細かい黒い虫が刺すのでネット帽で防ぎますが

軍手を忘れて、手首が襲われます。

 

朝の北之又川保護水面 6:30

朝の北之又川保護水面 6:30

朝の北之又川保護水面 朝の北之又川保護水面

朝の北之又川保護水面

 

通過する野鳥

通過する野鳥

 

突然2羽の見慣れぬ野鳥が通過しましたが、撮れる訳もなく

何とか撮れたのはキセキレイの幼鳥!

疲れて下りたのか、しばらく石の上で身動きせず・・・

 

川辺のキセキレイ

川辺のキセキレイ

キセキレイの幼鳥

キセキレイの幼鳥

 

如何にも幼鳥と言う愛らしい顔つき、独り立ちしたばかりかな?

 

雲に隠れる荒沢岳

銀山平温泉の朝 7:00

銀山平温泉の朝 7:00

雲に隠れる中之岳

雲に隠れる中之岳

 

カワガラスも流れ込みへ向かって登っていきましたが

速すぎて見るだけ、でももう少しすると子供連れの季節に

岩場で餌を待つ幼鳥を見る可能性に期待です。

 

 

 

ようやく出会ったアサギマダラ

 

曇天ながら天候が持ち、午後になってからの小雨です。

そんな天気を配慮して、午前中に遊歩道の散策!

 

今年は野鳥との出会いも少ないのですが、歩かなければ出会えず

そろそろ蝶の季節も始まるだろうと期待した通りに

今シーズン初のアサギマダラに出合えました!

 

それにしても急に遊歩道はハルゼミの大合唱が始まり

遅れを取り戻す勢いを感じます。

 

道端にも次々山野草が開花し、初夏へ向かって種類が増えます。

 

エチゴキジムシロ

エチゴキジムシロ

ズミの蕾は紅色ですが

ズミの蕾は紅色ですが

ズミが花開くと白へ変化

ズミが花開くと白へ変化

今年は少し遅めの蕨

今年は少し遅めの蕨

タラの芽

タラの芽

タラの芽

タラの芽

 

水たまり池ではカエルの声が静まっていたけれど、

まだ少ししか産卵が進んでいないようです・・

 

モリアオガエルの卵

モリアオガエルの卵

 

この時、突然横切ったアサギマダラ!

やっと会えたのですが、止まる事無く草むらへ消えていきました。

 

それでも次に脇道の様子伺いに入ると、スッと現れた

アサギマダラ、先ほどと離れているので別物なのか?

 

飛翔するアサギマダラ

飛翔するアサギマダラ

アサギマダラ

アサギマダラ

 

動く相手ではこれで精一杯、次のトレッキングコース入口では

声を頼りにハルゼミの姿を確認できました。

 

ハルゼミ

ハルゼミ

ハルゼミ

 

サルノコシカケか?

サルノコシカケか?

シラネアオイ

シラネアオイ

サンカヨウ

サンカヨウ

 

まだ木蔭ではサンカヨウもシラネアオイも見ることが出来ました。

 

ツルアジサイ

ツルアジサイ

トレッキングコース入口

トレッキングコース入口

トレッキングコース登り口

トレッキングコース登り口

トレッキングコースへの藪道

トレッキングコースへの藪道

017-6-25 (22)

 

タニウツギ

タニウツギ

道端のハナニガナ

道端のハナニガナ

 

帰り道は裏道へ寄り道すると、カエル池でさっと泳ぐ姿を!

 

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

枯葉に潜るカエル

枯葉に潜るカエル

枯葉の陰にはモリアオガエル

枯葉の陰にはモリアオガエル

モミジの花

モミジの花

 

家の周りではクロアゲハやタテハチョウが飛び交っています。

 

 

枝折峠は一足先に冬季閉鎖解除です!

 

昨日ご案内したように今日から枝折峠は開通!

ただし、福島県通り抜け方面は1週間遅れの見通しで

銀山平船着場より先の国352は通行止続行中ですので

ご注意ください!

 

船利用の釣り人が一息ついて、登山再開まで

銀山平はお客様が少なく、夫は草刈に励んでいます。

 

木の芽時もあっという間に通り過ぎる気配で

例年に比べても短期間で、まとめ採りもそろそろ終わり。

山野草の発育も一気に進むのか?

早過ぎた昨年同様、例年との比較が難い程遅い気がします。

 

そんな中梅雨の気配に、モリアオガエルは産卵準備進行中

近くの水たまり池でも、まずは池淵への産卵開始!

 

モリアオガエル産卵

モリアオガエル産卵

 

ようやく蝶も種類が増え始めてきました。

 

ヒオドシチョウ

ヒオドシチョウ

 

スノキ

スノキ

スノキ

スノキ

 

目立ちませんが、よく見るとスノキも花が咲き始め

崖上の木陰にも、イワカガミの蕾が膨らみ始めました。

 

オオイワカガミ蕾

オオイワカガミ蕾

オオイワカガミ

 

ベランダのキセキレイのヒナも無事巣だったので

そろそろ川辺で餌を与える親子が見られるのではと

そっと木陰で待機しましたが、時々親鳥が通過するだけ。

 

今年の残雪は決して多くはなかったけれど

気温が上がらず、今も北之又川の流れは川幅一杯!

流れが速すぎて、ヒナには難しいのかしら?

などと、色々と自問自答してしまいます・・

 

北之又川保護水面

北之又川保護水面

北之又川保護水面

オリソ沢の小滝

北之又川保護水面

北之又川保護水面 北之又川保護水面

北之又川保護水面

北之又川保護水面

 

 

 

モリアオガエル産卵間近 ♬

 

梅雨入りしても、天候が崩れるのはもう少し先のようで

早朝濃霧に包まれた後は、青空が広がった銀山平温泉

枝折峠は雲海日和だったのではと惜しい所・・・

 

今日の16時から枝折峠の冬季閉鎖は解除!となります。

ただし銀山平船着場~鷹巣(尾瀬口)は閉鎖継続中!

月末あたりの解除見込みですが、それまでは国道252を

ご利用くださいますよう、ご注意ください!

 

さて魚沼市では週末選挙とあり、期日前選挙へ

屋内にいる限りは涼しい銀山平ですので、久々

車中エアコンで暑さを実感してきましたが

午後の散歩も早めに出たくて、外気温25℃で

何とか大丈夫と2:30に木陰の多い旧道コースへ。

 

でも軒下での25℃は甘くなく、すぐに戻ればいいのに

ついついあちこち立ち寄るので、これはまずいかもと・・

所ジョージさんの熱中症を思い出し「裏道で行き倒ては

助けも呼べないし・・」と早々に引き上げてきました。

 

遅くまで雪が残っていたところでは、まだタムシバや

ユキグニミツバツツジが満開中!

 

タムシバ

タムシバ

ユキグニミツバツツジ

ユキグニミツバツツジ

 

同時に道端に、初物のシオデを発見

 

シオデ

シオデ

木陰にはイワカガミの姿も

木陰にはイワカガミの姿も

イワカガミ蕾

イワカガミ蕾

 

北之又川保護水面は、澄んだ水が勢いよく流れます!

 

14:25

14:25

北之又川保護水面

北之又川保護水面

15:14

15:14

北之又川保護水面 北之又川保護水面

北之又川保護水面

 

こんな暑い時間は見えないかと思った、水たまり池の

モリアオガエルは、今日も水中から顔を覗かせています。

 

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル モリアオガエル

 

何だか背景によって、微妙に体の色合いが違い面白い!

 

それでは昨日のモグラたたき状態に顔を出していた

モリアオガエルたちを・・・

 

実に見事に水中で止まっているのですが、その姿は

ヨガインストラクター?のよう

 

水中の蛙 8匹確認!

水中の蛙 8匹確認!

水中の蛙

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル

モリアオガエル モリアオガエル

 

次の雨の日当たりが産卵の山場かな?

今年も産卵の様子見られるといいのですが・・・

 

 

 

 

 

山野草の開花も、環境に左右され・・

 

昨日の南風で一気に植物の成長が進んだ様子

庭先のヤマウドを一部収穫し塩漬け保存です

 

ヤマウドの塩漬け

ヤマウドの塩漬け

 

朝の外気温も13℃と例年並みまで上がってきて

曇天ならではと、早めの散策に出られます。

 

モンキチョウ

モンキチョウ

イタヤカエデ

イタヤカエデ

ウリハダカエデ

ウリハダカエデ

ウリハダカエデの花

ウリハダカエデの花

 

新緑の時期に改めて感じるのが、紅葉する葉は若葉の新芽も

赤く色づいているのが多くみられること・・

 

ミツバアケビの花

ミツバアケビの花

017-6-22 (13)

アケビの新芽(木の芽)

アケビの新芽(木の芽)

 

遅れていた木の芽も一気に伸び始め、我家も収穫に励みます

 

ズミの蕾

ズミの蕾

ケナシヤブテマリ

ケナシヤブテマリ

 

ホオの若葉

ホオの若葉

ツボスミレ

ツボスミレ

ツボスミレ

マイヅルソウ

マイヅルソウ

マイヅルソウ

マイヅルソウ

 

雪解けの遅い所では、まだタムシバの花盛りも見られますが

近付くと、モクレン科独特の良い香りに引き寄せられます。

 

タムシバ

タムシバ

タムシバ

タムシバ

タムシバ

 

ここから、昨日撮った山野草も併せてアップしておきます

 

満開のズミ

満開のズミ

ズミ

アオダモ

アオダモ

ホクリクネコノメソウ

ホクリクネコノメソウ

ケナシヤブテマリ

ケナシヤブテマリ

サワフタギ

サワフタギ

サワフタギ

サワフタギ

 

同じ遊歩道内でも、陽当たり次第で微妙な開花差があります。

 

カエル池では鳴き声も増し、産卵間近・・

モグラたたきのように顔を出すモリアオガエルは次回に!