カテゴリー アーカイブ: 1. 春

やっと梅雨の晴れ間の青空に ♬

 

やっと雨上がりの青空が広がり、夏らしくなりました。

九州ではエリアを変えて、まだ大雨が続いているとの事

過激さを増す自然現象ですが、

細い倒木を切ることでさえ、大変なのに

雨の力は根こそぎなぎ倒し、流れ落ちるうちに

木皮も剥いて、きれいな材木に仕上げている・・

やはり人の力を超える自然界に驚くばかりです。

 

台風シーズンは始まったばかり、次は我が身

真剣に天気と向き合う必要があるようです・・

 

天候回復 7:34

天候回復 7:34

窓からの荒沢岳

窓からの荒沢岳

窓からの中之岳

窓からの中之岳

窓からの魚沼駒ヶ岳

窓からの魚沼駒ヶ岳

窓からの中之岳 9:55

窓からの中之岳 9:55

窓からの魚沼駒ヶ岳 10:00

窓からの魚沼駒ヶ岳 10:00

濁りも消えた北之又川保護水面

濁りも消えた北之又川保護水面

 

昨日の夕暮れ、この雨で急速に進んだ山野草チェックに

裏の旧道を歩いてきましたが、沼地に咲くミズガシワ

殆ど蕾も見られず、わずかに咲いた花も雨に打たれて

散り始めているようです。

 

ミツガシワ(リンドウ科)

ミツガシワ(リンドウ科)

ミツガシワ

7/6 16:55

7/6 16:55

 

今朝の外気温20℃から昼頃で28℃と陽当たりは

暑すぎますが、先日採った蕨を一時塩漬けにして

晴天待ちだったので、早速筵に広げ天日干し!

 

干しワラビ

干しワラビ

 

傷まないようにとアドバイスをもらい、一旦塩漬け

一晩干していた蕨はぬめりが出ていましたが

本来蕨が持つぬめりなので、塩漬けにしてみると

そのぬめりも消えて、ゆでたての蕨という触感です。

表面の塩だけ洗い落とし、無事乾燥に進めました。

 

その間に昨日下準備をしたログハウス玄関ドアの塗装!

マスキングテープで縁に貼り付け、ドアもラップで覆い

準備に時間をかけたので、塗装はスムーズ・・

残っていたログハウス用の塗料を使ったので

色は薄いので、3度塗りから更に仕上げ塗りをする予定。

 

待ち時間にちょうど叔母が来て、ワラビ干しを教わり

おしゃべりする中、先日銀の道を降りてきた話に・・

「登山道と銀の道が十字路だと思い迷った」話をすると

「あそこは昔から三叉路だよ」と簡単に否定され

夫ではなく叔母に電話すればよかったと反省・・・

 

マップもよーく拡大してみると確かに十字路ではない!

「十字路だからすぐわかる」と言う夫の言葉に

すっかり思い込みで見えていなかったようです(反省)

 

銀の道マップ

銀の道マップ

 

よくみると、そう!先に銀の道があるわけですから

直線に書かれていたのが銀の道で、登山道の方が

銀の道に合流し、また分岐しているのが分かりました。

 

枝折峠からの尾根道は視界が良く、また歩いてみたい

今度は車で雲海撮影をした後、枝折峠⇔明神峠を

トレッキングしながら山野草観察したいと思っています。

 

 

遅ればせながら、オリソの滝ウォッチング

 

雨上がりの爽やかな朝の中、外気温も13℃と二桁に

昨日から薪ストーブなしで過ごしています。

 

午後から夫達は今シーズン初のカワウ駆除!

午前中しか留守にできないので、まずはJAでの振り込みと

買い物に下りてきましたが、里山はすっかり葉が茂り

初夏の風景となっていました。

 

雨上がりの朝 7:08

雨上がりの朝 7:08

8:53

8:53

14:49

14:49

 

午後は留守番係でもあるので、先日の載せそびれていた

オリソの滝写真をアップします。

 

裏に見えるオリソの滝

裏に見えるオリソの滝

 

上流は銀の道3合目から来るオリソ沢の水です。

 

オリソ沢の落ち込み

オリソ沢の落ち込み

苔に弾く雪解け水 苔と雪解け水

雪解け水 雪解け水

雪解け水

雪解け水 雪解け水

沢の落ち込み

 

この滝を下から見ると、いつものロケーションとなります。

 

オリソ沢の流れ込み

オリソ沢の流れ込み

曲がりくねって落水

曲がりくねって落水

オリソ沢の落水

オリソ沢の落水

時に勢いを増し

時に勢いを増し

オリソ沢の落水

オリソ沢の落水

オリソ沢のゴール

 

北之又川と合流し、澄んだ流れと変わります。

 

深みのエメラルドグリーン

深みのエメラルドグリーン

北之又川保護水面

 

踊るように流れる水の勢いは見飽きることがなく

シャッタースピードを変えると、表情も変わります・・

 

 

自然と触れ合う、山暮らしの楽しみ

 

天気予報通りに午後から雲が広がり、雨音のする雨天に。

ちょっと霧雨に変わった頃、川霧が広がったので

傘をさして川霧ウォッチングです。

 

15:15

15:15

霧雨の中で

霧雨の中で

北之又川保護水面

霧雨の中で

 

今朝の外気温は13℃と曇天らしく冷え込みもなく

 

7:29

7:29

 

その後青空も覗いたのですけれどね・・・

 

窓からの中之岳 9:00

窓からの中之岳 9:00

窓からの荒沢岳

窓からの荒沢岳

 

昨日は夕食時に素泊まりしたいと飛び込みのご家族連れ

明日は尾瀬に行く予定で、まだ閉鎖中の国352号経由で

通り抜けするつもりだったとの事。

七入オートキャンプに予約を入れているとの事で

電話キャンセルを頼まれましたが、6月末頃までは

通行止めの事が多いので、ご注意ください!

 

こちらのお客様は韓国からの旅行者で、片言会話で

尾瀬の後は中禅寺湖に周り、成田に戻りたいと言うので

国道252経由で御池へ、中禅寺湖周りのルートを

マップコピーしてお見送り、無事周れるといいですね。

 

午後ベッドメイクに行き戻るとき、お客様の車に

ニュウナイスズメの雛を発見!

カメラを持って出た時にはいなかったけれど

近くで親鳥が鳴き声を上げているので、近くにいるのか?

今シーズン最初の巣立ちになったようです。

 

ニュウナイスズメのお父さん

ニュウナイスズメのお父さん

 

裏の崖肌ではイワナシの花が盛りを迎えています。

 

イワナシ

イワナシ

イワナシ

 

三日前にはまだ蕾だったのですが

 

イワナシノ蕾

イワナシノ蕾

 

ついでに載せそびれた山野草の写真も紹介

 

6/5 イワウチワの散り際

6/5 イワウチワの散り際

 

矢車草の若葉

矢車草の若葉

6/7 アブラチャン

6/7 アブラチャン

ホクリクネコノメソウ

ホクリクネコノメソウ

イタヤカエデ

イタヤカエデ

カタクリ

カタクリ

カタクリ

カタクリ

カタクリ

 

昨日はカタクリの小さな群生に惹かれ、国道脇へ入ると

キクザキイチゲ、オトメエンゴサク、フキノトウ等

春一番の山野草が一斉に咲き始めた所。

顔を出したばかりのコゴメの周りで、少しづつ採取

旧村杉小屋に居た頃は、売店から戻るとよくこの辺りに

小さなバケツとナイフをもって山菜採りを楽しんだな~と

30年以上前のことを思い出し、懐かしい感覚!

 

オトメエンゴサク

オトメエンゴサク

フキノトウ

フキノトウ

木の芽

木の芽

コゴメ

コゴメ

 

大変申し訳ないのですが、銀山平は入会権のある共有地につき

一般の方が山菜はもちろん、山野草の採取もできません!

どうぞご理解の上、ご注意ください。

 

久しぶりにゆったりと、少しばかりの山菜をあれこれと採り

自給自足の気分を味わい、山暮らしの有難さを再認識しました。

 

雪解けそうそうサンショウウオの産卵

 

今週の朝の外気温は7℃前後、曇天となった今日は

午後の気温でも20℃と過ごし易くなっています。

 

急激に残雪が消えたとはいえ、下草の成長はゆっくりめ。

でも、今後はスピードアップするだろうと思います。

 

そんな今日の散策は、トレッキングコースをもう一度

周りたいと思いましたが、今少し後の方がいいかなと

旧村杉小屋エリアへ山野草チェック!

まだ葉の少ない低木の下に一斉にカタクリが群生を始め

ワクワクしたひと時でした。

 

まずは昨日の続きもあるので、クロサンショウウオの

産卵ウォッチングから!

 

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

 

まずは雪解けの水たまり池の底に沈む卵の確認から、

かがんで近くをじっと見続けると、目が慣れるに従い

沈んだ枯れ枝に絡まる黒い影を発見!

そのまま偏光レンズで水中にピントを合わすと

サンショウウオが何匹か動き回る姿を確認できます。

 

こちらが動かずにじっとしていると、やがてサンショウウオがあちこちで動き出し、次々と姿を確認できます。

 

水中のサンショウウオ

水中のサンショウウオ

サンショウウオ

サンショウウオ

サンショウウオの産卵 クロサンショウウオ

クロサンショウウオの産卵

サンショウウオの産卵

サンショウウオの産卵

サンショウウオの産卵 サンショウウオの産卵

クロサンショウウオ

クロサンショウウオ

クロサンショウウオ

クロサンショウウオ

クロサンショウウオ

017-6-6 (113)

クロサンショウウオ

クロサンショウウオ

クロサンショウウオの産卵 クロサンショウウオの産卵

クロサンショウウオの産卵

 

じっと観察を続けていると、あちこちの小枝で最初の1匹が

小枝に体を巻き、尾を左右に振り始めると、ササっと数匹の

サンショウウオが集まってくるので、小枝にいるのがメス

周りを囲うのがオスだろうと推察します。

 

ところで、このサンショウウオ卵嚢の形から

クロサンショウウオだろうと推測しているのですが

私自身知識がないので、再度ネット検索しておくと

クロサンショウウオのみ産卵場所が止水型とあり

流水で産卵するサンショウウオと区別できることから

雪解け水と雨水の溜り池であることからも

クロサンショウウオと考えてよいようです。

 

それにしてもこの後せっかくの卵を食べにくる

アカハライモリに比べると倍くらいのサイズ

大きいのですが、産卵後は何処へ行くのでしょうか?

 

今日の散歩道、国道わきの雪解け地にも

卵を見ることが出来ました。

 

クロサンショウウオの卵

クロサンショウウオの卵

017-6-7 (6)

 

それにしてもすごいですよね、残雪が消えたところから

産卵を始めるのですから・・・

 

 

 

 

雨後の遊歩道は自然観察の宝庫 ♫

 

朝の外気温7℃と、まだ朝一の薪ストーブでお湯沸かし。

 

早朝は濃霧で、釣り人の出船は霧の中だったそうですし

中之又出合付近と仕入れ沢付近でアカショウビンの鳴き声

昼上がりに貴重な情報を届けてくださいました。

 

夫の話では珍しく夜の発電があったようで、水位減少

梅雨に備えて水位の調整をしているようです。

 

そんな梅雨目前の晴天ですので、早速午後一番で

銀山平森林公園・遊歩道の自然観察!

 

先週水芭蕉の葉が出始めていたのですが、一気に

全体で花が咲き始めていました。

まだまだ生まれたての小ささですが

今週から来週にかけてが花盛りとなりそうです。

 

12:27

12:27

銀山平森林公園・遊歩道 13:20

銀山平森林公園・遊歩道 13:20

ミズバショウ

ミズバショウ

遊歩道のミズバショウ

遊歩道のミズバショウ

遊歩道のミズバショウ

遊歩道のミズバショウ

遊歩道のミズバショウ

遊歩道のミズバショウ

遊歩道のミズバショウ

 

萱などの枯れ枝に埋もれるように顔を出したばかり

よく見ないと通り過ぎてしまうほど小さいです!

 

遊歩道全体も、この雨で急速に雪が消えていましたが

木々の新緑には追いつかず、低木の若葉が遅い気がします。

道端にはフキノトウの採った後すら見かけず、出そびれた?

山野草もエンゴサクは多いのに、キクザキイチゲは疎ら

 

オトメエンゴサク

オトメエンゴサク

やっと見つけたキクザキイチゲは花が大きめ

やっと見つけたキクザキイチゲは花が大きめ

017-6-6 (135)

ほとんど見かけないフキノトウ

ほとんど見かけないフキノトウ

 

沢沿いではニリンソウやサンカヨウも咲き始め

 

ニリンソウ

ニリンソウ

ニリンソウ

サンカヨウ

サンカヨウ

サンカヨウ

サンカヨウ

 

シラネアオイも見られました。

 

シラネアオイ

シラネアオイ

シラネアオイ

シラネアオイ

シラネアオイ

シラネアオイ

 

沢沿いの残雪

 

この後水溜りのサンショウウオ産卵場所もチェック!

今年も無事産卵期に出合えましたが、次回にまとめて。

 

銀山平森林公園・遊歩道

 

遊歩道は何処も下草の若葉はこれから・・

今年は一気に咲きだしそうな気配ですね。

 

新緑の始まり

新緑の始まり

山肌は若草色に

山肌は若草色に

 

山裾の流水からはアカガエルの鳴き声が、近づくと止まります。

 

カエルの卵

カエルの卵

コゴメの芽

コゴメの芽

 

所々残雪も

所々残雪も

 

上空からピィーピィーと猛禽の鳴き声が

見上げると1羽旋回していましたが、すぐに飛んでいきました。

 

猛禽のシルエット

猛禽のシルエット

猛禽

薄っすら見える模様はノスリ?

薄っすら見える模様はノスリ?

 

薄っすらと見える色模様はノスリと思われますが・・?

 

遊歩道の残雪も減少

遊歩道の残雪も減少

 

雨で残雪が一気に消え、これからは自然観察も大忙し!

次回はサンショウウオの産卵をご紹介する予定です!