クロサンショウウオの幼生とショウキラン

 

梅雨明け直前ですが、続く晴天で昨夜は星空

上手くいけば雲海が見られるか?との期待で

今朝は4時に目覚ましをかけ外を確認すると・・

 

山陰が見えない程度には霧が出ているものの少な目

それでも夏休み本番になると、枝折峠も登山者で

混むのではと思い、とりあえず少ない朝霧の様子伺い!

 

雲海ポイント手前までは霧がありましたが、ポイントは

全くの霧ナシで、下方の銀山平エリアだけが雲の帯。

 

そんなこともあろうかと、明神までの自然散策も計画

スポーツドリンクとストックを持っていきましたので

2回目の明神までの山野草観察です。

 

昨日も午後から遊歩道の草刈り後を周ってきましたが

陽ざしが強い時間帯の外は思った以上に暑く

遊歩道でも木陰を目指しての優雅な観察ですが

まずは、日付順に遊歩道の様子からご紹介します。

 

7/20 15:20

7/20 15:20

 

草刈りの後の大雨で、草はだいぶ片付いた様子?

アジサイも元気に色を付け始めています。

 

アジサイはこれから本番

アジサイはこれから本番

イタヤカエデの若葉は紅葉

イタヤカエデの若葉は紅葉

 

花後のヤグルマソウ

花後のヤグルマソウ

 

アカタテハ

アカタテハ

ヒメシジミ

ヒメシジミ

 

水たまり池も水面が澄んでいたので、じっとしゃがんで

様子を窺うと、見えてきました!

クロサンショウウオの幼生です。

 

クロサンショウウオの幼生

クロサンショウウオの幼生

クロサンショウウオの幼生

オタマジャクシも

オタマジャクシも

 

すぐ近くの沢でふと目に入った来たのが、草陰の小花

近付いてみると、見かけぬランの花 ♫

調べてみるとシュウキランです。

 

木陰のシュウキラン

木陰のシュウキラン

ショウキラン

シュウキラン シュウキラン シュウキラン

 

たった一株でしたが、何だかうれしくて撮り溜め

 

ふれあいの小道(トレッキングコース)の草刈りは

次回ですが、入り口だけきれいになっていました。

 

中央にある入口

中央にある入口

車道に近い入口

車道に近い入口

 

途中でたった1本の糸を頼りに、体をくねらせて

葉っぱまで登っていく幼虫を発見!

何の幼虫なのか、ピント合わせも難しい程小さいし

 

幼虫の糸登り

幼虫の糸登り

幼虫の糸登り幼虫の糸登り

遂に到着

遂に到着

 

3匹の幼虫がもぞもぞ糸を登っていく様を見ていると

ついつい応援したくなるけれど、無事到着です!

これから葉を食べて大きくなるのかな?

(葉は穴だらけになりますよね・・・)

 

聞きなれぬ声の野鳥が飛んできたのですが、葉に隠れ

姿を撮ることが出来ず残念!なので・・

トレッキングコースへの杉林へ入ってみます。

 

思った通り、アカゲラが何羽も出現しカケスの姿も!

 

カケス

カケス

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

 

ここは私自身も木陰に入るので、うまく出会えると

かなりのアップで撮れて楽しい所。

 

イヌツゲ

イヌツゲ

レンゲツツジの種

レンゲツツジの種

017-7-20p (140)

クロヅル

 

気になっていたサルナシは、花が散り実が付いています。

 

コクワの若い実

コクワの若い実

 

庭では浅葱の花が咲き、ウラギンヒョウモンの姿も

 

ウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン

 

植えていたイチゴもいつの間にか赤く熟し

 

庭のイチゴ

庭のイチゴ

庭のバラ

庭のバラ

 

遅くなったものの、バラの蕾も膨らみました。

 

次回は朝の枝折峠の様子と、山野草をご紹介します。

 

ようやく猛禽の声の主を撮れました

 

関東では梅雨明けしたようですが、新潟はもう少し先。

 

それでも梅雨の晴れ間に、朝霧が晴れると強い日差しで

朝の外気温18℃~30℃まで上がりましたが、

室温は25℃と快適です!

 

今朝も川辺の様子を覗くと、朝の木漏れ日が輝きます。

 

沈む流木

沈む流木

沈む流木

朝の流れ

朝の流れ

朝の北之又川

朝の北之又川

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

 

木陰にはギンリョウソウが次々顔を出し

ツルアリトオシの蕾もビッシリ付いていました。

 

ツルアリドオシ

ツルアリドオシ

アリドオシの由来、花が咲くまで赤い実が残ります

アリドオシの由来、花が咲くまで赤い実が残ります

 

水たまり池では、新しいモリアオガエルの卵も発見

 

モリアオガエルの卵

モリアオガエルの卵

 

中之岳 7:00

中之岳 7:00

水上がり後の河原

水上がり後の河原

 

雷雨の合間に2階の窓から撮った動画、遅くなりましたが

アップしてみます

北之又川の水は引きましたが、中央がより深みに・・

 

夏の北之又川

夏の北之又川

キセキレイ

キセキレイ

キセキレイ

 

朝の川辺では、キセキレイとカワガラスだけ

 

ようやく野鳥の鳴き声は増えてきたようですので

今後に期待ですが、昨日はようやく猛禽の声の主を

撮ることが出来ました。

ハチクマと思われますが・・・

 

2/29  15:30

2/29  15:30

ハチクマ

ハチクマ

ハチクマ ハチクマ

ハチクマ ハチクマ

ハチクマ

 

この後、動画に切り替えてみましたが、収まり切れず失敗!

旋回しつつどんどん上昇し、忽ち小さくなっていきました。

 

 上昇するハチクマ

 

 

雨上がりの北之又川

 

ようやく天候も回復し、早朝に出発した登山者は

早くも昼過ぎに下山し、次の目的地へ移動しました。

 

雨上がりの朝霧に外気温も15℃と低く、昼頃で28℃

強い日差しの下では暑いのですが、屋内は快適です。

 

それにしても

昨日の悪天候!小出エリアが全国版ニュース扱い!

午後には東京で大粒の雹も降り、被害が出た模様。

被害を受けた皆様には、お見舞い申し上げます。

 

幸い当地は被害もなく、

夫達は昨日の続きで共同作業の草刈り!

 

北之又川は全体に、だいぶ水位が上がっていたものの

繰り返す大雨に川幅が広く、あっという間に水は引き

水量は多いもののエメラルドグリーンに澄んでいます。

 

まずは朝の北之又川から

 

水上がりの後

水上がりの後

倒れたフキ

倒れたフキ

北之又川は増水中

北之又川は中央が深くなりました

濁りは取れて

濁りは取れて

水上がり場は、川砂に埋もれ

水上がり場は、川砂に埋もれ

いつもの白濁グリーンに

いつもの白濁グリーンに

沈む流木

沈む流木

 

多少白濁が残るものの、澄み始めた北之又川に

沈む流木が見られますが、川にせり出していた

木々が姿を消しているのも確認できました。

 

木陰に敷き詰めた落ち葉の下からは

次々とギンリョウソウが顔を出し始めました。

 

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

 

朝靄も消え青空が広がっても、雨上がりの涼しい朝です。

 

9:41

9:41

 

留守にできないので、夫の昼上がりに合わせ

急いで散策、北之又川下流の河川敷まで様子見!

 

11:54

11:54

前嵓橋からの北之又川

前嵓橋からの北之又川

ミヤマクワガタの頭

ミヤマクワガタの頭

 

道脇にミヤマクワガタの頭が残っていましたが

体はカラスに捕食されたのでしょうね・・

 

チョウがあちこちで繁殖期を迎え忙しそう

チョウでいる期間は短いですから、大急ぎですね。

 

スジグロシロチョウ

スジグロシロチョウ

モンシロチョウ

モンシロチョウ

石抱橋から

石抱橋から

イチモンジチョウ

イチモンジチョウ

キマダラヒカゲ

キマダラヒカゲ

 

サトキマダラとヤマキダラヒカゲの二種あるらしいけれど?

 

キマダラヒカゲ

キマダラヒカゲ

国道352

国道352

 

河川敷はクローバーが多く、シジミチョウの宝庫

 

ヒメシジミ

ヒメシジミ

ヒメシジミ

ヒメシジミ

ヒメシジミ

 

見慣れない小型の黒いチョウはダイミョウセセリかな

 

ダイミョウセセリ

ダイミョウセセリ

ダイミョウセセリ

ダイミョウセセリ

 

この雨で河川敷は一気に草丈が伸び、川を目隠し!

 

階段で降りてみましたが、ここでも川砂が上がったようです。

 

河原には、水上がりの後が

河原には、水上がりの後が

河川敷は草に埋もれて

河川敷は草に埋もれて

北之又川下流

北之又川下流

北之又川

北之又川

北之又川

北之又川河川に下りる階段

 

北之又川

北之又川河川敷

 

土石捨て場も一面、カワラハハコが埋め尽くす勢いです。

 

 

線状降水帯の威力!

 

昨夜は、佐渡で大雨洪水警報が出ていたようですが

銀山平は断続的な雨音に、時折強風と言う感じ。

 

さすがに広範囲で大雨と思われる、激しい濁流の北之又川

それでも予定通りに、主人達の草刈り共同作業は決行!

 

そんな構えでいたのですが、だんだん雨が強くなり

激しい落雷も響きだし、早めに昼上がりした夫ですが

我家の桟橋がひどい事になっているとの電話で

雷雨最中に船着場へ出かけました。

 

タブレットのエリアメールも流れ、自宅と電話確認。

とりあえず問題なく過ごしているようです。

 

12:12

12:12

雨の銀山平温泉

雨の銀山平温泉

 

段々雨が強くなり雷鳴も直下型、時折家が揺れる感じで

家電に雷が落ちるのではと心配になるほど。

 

午後の全国ネットの番組で、初めて小出エリアの

水上がり状態を見て、こちらよりひどい事を知りましたが

おなじ番組を東京で見ていた長女からラインで

状況を見ながら話していると、突然通話が途切れました。

 

よくよくチェックしてみると、ドコモのアンテナが消えて

タブレットが県外になってしまっていました。

 

と言う事で、窓から濁流の北之又川を撮ったのですが

ようやく7:30頃ドコモ復旧で、更新可能になりました。

 

雷も小休止で 15:19

雷も小休止で 15:19

水位上昇の北之又川

水位上昇の北之又川

豪雨の北之又川

豪雨の北之又川

 

雨も弱まり  15:23

雨も弱まり  15:23

豪雨も収まり

山肌の沢沿いは雨の道!

山肌の沢沿いは雨の道!

沢は雨の通り道

 

この後峠を越したようで、今夜は曇り予報です。

 

明日は越後駒ケ岳登山のお一人様も、何とかご到着

明日の天気予報も「曇り/晴れ」なので決行予定です。

 

夫達は、皆が桟橋や船の非難作業で

お互い手を貸しあいながら、何とか移動させたとか。

 

一度夕食準備に戻り、また出かけていきましたが

流木などのゴミが桟橋や船に挟まり、一人では無理!

皆で協力し合っていますが、危険な作業が多いようです。

 

 

 

遊歩道で出会ったのは、夏毛のテン!

 

昨日から断続的な雨が降り、夜には強い雨音もしていて

縦走を断念したお客様は、正解のようでした。

 

今朝には弱まっていましたが、それでも9時過ぎまでは

通り雨のようにまとまった雨が短時間降ったりと

油断できない感じでしたが、お客様のチェックアウト頃には

治まり、曇天へ向かいました。

 

雨でコース変更をなさったお客様も、涼しい夜を過ごし

ご出発、改めて温泉宿の役割もあるのだと一安心です。

 

掃除をバイトさんに任せられたので、夫は薪のカット作業

私も調理台磨きを完了し、窓ふきも終えて夏休み前の

準備がほぼ間に合いました・・

 

明日からは、宿の主人達による銀山平森林公園内の共同作業

草刈が始まりますので、ちょっと疲労気味でしたが

遊歩道散歩に行ってきました。

 

ようやく雨雲も消え、雲の切れ間には青空も

 

雨上がりに 14:21

雨上がりに 14:21

 

外へ出るとノスリの鳴き声が響いているのですが

姿が見えず、雲に隠れているのか残念です・・

 

銀山平森林公園・遊歩道

銀山平森林公園・遊歩道

 

雨上がりに蝶やトンボが忙しそうに飛び交っています

 

ヒメシジミ ♀

ヒメシジミ ♀

ヒメシジミ ♂

ヒメシジミ ♂

ルリタテハ

ルリタテハ

 

アカタテハ

アカタテハ

クワイチゴ

クワイチゴ

 

先日の散策中、草むらでガサゴソ動物の動く音を聞いた辺り

今日もいるかとゆっくり進むと、突然前方に飛び跳ねて

出てきた小動物、タヌキの子供かとカメラを向け

ファインダー越しに見ていると、道路の真ん中で用足し!

 

排泄中のテン

排泄中のテン

こちらに気づいたか?

こちらに気づいたか?

立ち上がって様子伺い

立ち上がって様子伺い

夏毛のテン

夏毛のテン

 

黒い顔は初めて見ますが、イタチか?テンか?

ネット検索では夏毛のテンだと思われましたが・・・

冬毛の白い顔の方が愛らしいですね。

 

こんな風に立って警戒するのも初めて見る姿

動画に切り替えようとしましたが、切り替え中に

草むらへ入ってしまいました、やっぱりね!

 

ヒメシジミは今が最盛期、野草に花を添える感じで

見ていると飽きることなく、美しいですね。

 

ペア作り、失敗!

ペア作り、失敗!

彩を添えるヒメシジミ

彩を添えるヒメシジミ

 

突然変な形の蝶が飛んできたと思ったら

ヒメシジミが交尾体制のまま飛んできたのです。

 

ペアのヒメシジミ

ペアのヒメシジミ

ペアのヒメシジミ

ペアのヒメシジミ

 

暫く観察後立ち去ろうとしたら、その動きに反応したのか

また番ったまま飛び立ったのですが、オスが羽ばたき

メスは逆立ち状態のままでした。

 

ルリタテハ

ルリタテハ

 

 

昨年は異常に多かったモズも今年は少なめ

その分あちこちで縄張りを広げているのがアカゲラ

そう思っていたら、ようやくモズの姿も確認しました。

 

アカゲラ

アカゲラ

モズ

モズ

 

そうそうイカルの鳴き声も響き始めました。

 

最近は花付きが少なかったイボタの木も

今年はたくさん蕾を付け始めています。

 

イボタの蕾とスジグロシロチョウ

イボタの蕾とスジグロシロチョウ