新潟の山野草 奥只見・銀山平温泉 森林公園遊歩道付近で見られる植物

ヤシャブシ(カバノキ科 ハンノキ属)

2008年8月18日撮影 2008年9月23日撮影
2009年8月22日撮影

銀山平温泉の遊歩道でたくさん見かける木なのですが名前がわからずにいました。
これもデジカメにとる事でしっかり確認できた1つです。

夜叉五倍子と書き、夜叉は果穂の表面が夜叉のように醜い五倍子(フシ)は、ヌルデの幹に産み付けられるアブラムシの一種の卵によって出来る虫こぶの事で、タンニンが多く含まれ黒色の染料としてお歯黒などにも使われたとのこと。

ヤシャブシの黒い果実も多量のタンニンが含まれ、五倍子の変わりに染料として使われるとのことです。

荒廃地での肥料木とも書かれていました。