新潟の山野草 奥只見・銀山平温泉 森林公園遊歩道付近で見られる植物

トリガタハンショウヅル (キンポウゲ科 センニンソウ属)

2013年6月26日撮影 2013年6月26日撮影
2013年6月26日撮影 2013年6月21日撮影

茂った木蔭に地味ですが可愛い釣鐘の白い花を発見したのは、1年前だっと思いますが
名前知らずのまま、今年もまた出合いました。

蔓性の山野草でようやく辿りついたのが、トリガタハンショウヅルです。
トリガタとは高知県の鳥形山で見つけられたことからこの名が付いたそうで
関東から四国、九州北部にかけて分布し、低地〜山地の林縁に生える落葉つる性の低木です。
葉が3枚の小葉からなるのも特徴的でしたが、クレマチスの仲間でもあるそうです。