新潟の山野草 奥只見・銀山平温泉 森林公園遊歩道付近で見られる植物

シモツケソウ(バラ科)

2012年7月25日撮影 2010年7月20日撮影
2010年7月9日撮影 2010年7月20日撮影 コシジシモツケソウ
2008年7月17日撮影 2008年7月17日撮影 コシジシモツケソウ
2008年7月17日撮影 オニシモツケ 2008年7月17日撮影

シモツケソウ(バラ科)は穂綿が広がるように花開き、薄ピンクから白に近いものまで見かけます。

シモツケソウより大形で白から淡紅色に咲くのがオニシモツケで、他にコシジシモツケなどが見られますが、コシジシモツケの特徴は次のとおり(茎に托葉と呼ばれる耳上に小さな葉が付くのが特徴で淡紅色の花を付ける)とありましたが意味が良くわかりませんでしたので、今度はよく葉の観察をしてみたいと思います。