新潟の山野草 奥只見・銀山平温泉 森林公園遊歩道付近で見られる植物

ニリンソウ (キンポウゲ科)

2012年6月7日撮影
2009年6月2日撮影 2011年6月20日撮影

実は最初遠くで見る限り、キクザキイチゲの白と混同していたのですが
近くで見た時にニリンソウであることが分かり、よく見れば花弁の数も形も違いますので納得。

もちろん葉の形も違い、ニリンソウの葉は毒草のトリカブトの若葉と似ている為、注意が必要です。

またイチリンソウ、ニリンソウ、サンリンソウと種類も分かれ、普通は花の付く数で見分けられますが
数に関しては時々違う事もあり、むしろイチリンソウはニリンソウ、サンリンソウより花が大きいとの事
  参考