新潟の山野草 奥只見・銀山平温泉 森林公園遊歩道付近で見られる植物

ミズナラ(ブナ科)

2011年10月27日撮影
2011年9月12日撮影 ドングリ 2011年9月15日撮影 虫こぶ

材に水分が多く燃えにくいことからミズナラと言う。
葉は互生し、倒卵状長楕円形、基部はくさび形に狭くなり、葉柄は無いか、ごく短いのがミズナラの特徴。
縁には大型の鋸歯があるので分かりやすい。

ミズナラの実は、タンニンが含まれていて渋みが強く、野ネズミ、リスなどの動物は、
ミズナラの実を集めると、土中に埋めて、あく抜きをするらしい。