新潟の山野草 奥只見・銀山平温泉 森林公園遊歩道付近で見られる植物

モミジカラマツ & ミヤマカラマツ(キンポウゲ科)

2012年7月2日撮影 2012年7月2日撮影
2011年7月26日撮影 モミジカラマツ 2011年7月17日撮影 ミヤマカラマツ

深山の湿った林に生える多年草で、白または淡い紫色の花が咲く。
26日の写真は他の葉に覆われ、葉が一部しか見えていませんが、17日撮影の葉のように(ピンボケ)
根元から1枚、茎から2〜3まいの葉がでる。小葉は長楕円形で縁に鋭い鋸場がある。
高さは30〜80cmとのことで、私が見かけたのも小さな一株でした。

初めてであった昨年は上記のものですが、今年はしっかりと葉の部分も撮影してきました。
その結果昨2011年の写真右は、葉の形が違いミヤマカラマツですが、左の写真は
2012年撮影同様モミジのような葉で、モミジカラマツであることが分かりました