新潟の山野草 奥只見・銀山平温泉 森林公園遊歩道付近で見られる植物

アヤメ

2009年7月8日撮影 2008年6月19日撮影
2007年6月24日撮影 2007年6月24日撮影

雨の多い奥只見 銀山平では、森林公園になる前からアヤメの群生を見ることがありました。
草薮の中でも丈が高いため目立つ野生の花です。

野生で群生するアヤメは細くてスラリと背高ですが、菖蒲との見分けがいまひとつ自信がなく、銀山平で自生しているものは「花弁の弁元に網目状の模様がある」のでアヤメと確認できます。

因みに花ショウブは「花弁の元に黄色い目型模様がある」カキツバタは「花弁の弁元に白い目型模様がある」という事が見分ける特徴だそうです。