新潟の山野草 奥只見・銀山平温泉 森林公園遊歩道付近で見られる植物

アンニンゴ(ウワミズザクラ)

2012年6月11日撮影
2008年7月17日撮影 2011年6月13日撮影
2008年6月19日撮影 2008年9月16日撮影
2008年9月23日撮影 2008年8月18日撮影
2007年5月26日撮影 2008年9月16日撮影
2007年8月16日撮影 2007年9月1日撮影

地元でアンニンゴと呼ばれるウワミズ桜は食用とされています。
杏の種の仁に似た香りが良く緑色の蕾は天ぷらにしても香りを楽しめ、塩漬けにした物は付け合せにしたりもします。

蕾一粒づつに白い小さな花が咲き穂綿のようですが、夏の終わりにはオレンジ色から赤へ更に黒くなります。

赤く熟した頃が味も良いのでリキュールにしておき、ゼリーに入れたりすると杏仁ドウフのような香りを楽しめます。
アンニンゴ酒は咳止めに良いと聞いたことがあります。